東京医科大学 救急医学イメージ
HOMEEnglish here
救急医学のご案内
 救急医学の歩み
 主任教授挨拶
 研究・業績
 スタッフ紹介
 救命救急センター探索

診療のご案内
救急医を志す方へ
救急医の道
後期研修医・スタッフ募集
研修プログラム概要
研修医の皆さんへのメッセージ

救急医学の活動
 マスメディア情報
イベントレポート
救急医学からのお知らせ
最新情報バックナンバー

スタッフ通信
主任教授の独り言
救急医の花道
抄読会記録
三島のお蔵
八王子の扉


後期研修医募集 災害医療 東京医科大学 救急医学講座facebook 三島のお蔵facebook


救命救急センター探索

東京医科大学病院 救命救急センター

イメージ Zoom
救命救急センター入り口
イメージ 東京医科大学病院救命救急センターは、現場の救急隊が重症と判断した救急患者が東京消防庁のホットライン経由で多数搬送されます。
イメージ Zoom
救命救急センター外来(通称ER)
イメージ 初期診療を行なう初療室(ER1)は常時、同時並列で2例が受け入れられるような体制で、隣接のER2を含め、計3例を同時に処置を行うことができます。
イメージ Zoom
イメージ 初療室(ER1)では、緊急手術や内視鏡検査・治療も可能です。その際は、初期診療後の専門治療や集中治療は関連各科専門医と密接に連携を取りながら進めています。
イメージ Zoom
ERの機器 -X線TVと移動式血管造影装置-
イメージ 初療室(ER1)が放射線管理区域になっているため、初期診療の一環として血管造影検査、IVRを行なうことができます。これは当センターの大きな特徴で、全国的にも先進的な取り組みです。
イメージ Zoom
ERの機器 -内視鏡装置-
イメージ  上部消化管内視鏡、気管支鏡も備えており、上部消化管出血や窒息、喀血などに迅速に対応できます。
次のページへ





サイトマップお問い合わせサイトポリシー個人情報保護基本方針について
【メールでの診療に関するお問い合わせにはお答えできません。】
Copyright (c) Tokyo Medical University all right reserved.