東京医科大学 救急医学イメージ
HOMEEnglish here
救急医学のご案内
 救急医学の歩み
 主任教授挨拶
 研究・業績
 スタッフ紹介
 救命救急センター探索

診療のご案内
救急医を志す方へ
救急医の道
後期研修医・スタッフ募集
研修プログラム概要
研修医の皆さんへのメッセージ

救急医学の活動
 マスメディア情報
イベントレポート
救急医学からのお知らせ
最新情報バックナンバー

スタッフ通信
主任教授の独り言
救急医の花道
抄読会記録
三島のお蔵
八王子の扉


後期研修医募集 災害医療 東京医科大学 救急医学講座facebook 三島のお蔵facebook


研究・業績

■学術論文1(原著)
発表年 発表者氏名
(共同発表含む)
論文題目 発表 誌名
(巻・初頁 〜 終頁)
2016 Homma H
Effectiveness of cadaver-based educational seminar for trauma surgery: Skills retention after half-year follow-up Acute Medicine & Surgery
[in press]
2016 Oda J Analysis of consumption of medical resources in terms of intensive care unit/hospital stay and severity using Japan Trauma Data Bank (JTDB) Acute Medicine & Surgery
3(4): 298-304
2016 Tsurukiri J
Resuscitative endovascular balloon occlusion of the aorta for uncontrolled haemorrahgic shock as an adjunct to haemostatic procedures in the acute care setting Scandinavian Journal of Trauma, Resuscitation and Emergency Medicine
24(1): 13 
2016 山口陽子
田中博之
救急現場で脈拍数が比較的少なく,搬入後にさらに減少する意識消失症例は反射性失神を示唆する 日本臨床救急医学会雑誌
19(5): 631-638
2016 山口陽子
田中博之
救急救命士らが現場でJapan Coma Scale(JCS)=1と判定した症例は意識障害として扱うべきである 日本臨床救急医学会雑誌
19(1): 21-28
▲ページTOPへ戻る
■学術論文2(総説)
発表年 発表者氏名
(共同発表含む)
論文題目 発表 誌名
(巻・初頁 〜 終頁)
2016 織田順 ICUせん妄 日本神経救急学会雑誌
28(2): 81-84
2016 三島史朗 敗血症をめぐる2つの仮説―BoneとShoemaker、二人の医師と敗血症の闘い― 東京医科大学雑誌
74(4): 409-415
2016 三島史朗 救急患者への対応(BLS/ALS) 救急・集中治療
28(臨時増刊号): e278-e283
2016 内堀健一郎
高齢者の腹痛 内科
118(4): 783-788
2016 東一成
救急医療とかかりつけ医,在宅医療との関わり 日本臨牀
74(2): 203-214
▲ページTOPへ戻る
■学術論文3(症例報告)
発表年 発表者氏名
(共同発表含む)
論文題目 発表 誌名
(巻・初頁 〜 終頁)
2016 増本枝里子
山下剛司
田中博之
呼吸リハビリテーションを導入した肺胞低換気症候群の一例 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌
26(2): 336-340
▲ページTOPへ戻る
■学術論文4(その他)
発表年 発表者氏名
(共同発表含む)
論文題目 発表 誌名
(巻・初頁 〜 終頁)
2016 加藤隆寛
田中聡
渡邉暁洋
織田順
救急・集中治療領域での薬剤師業務の現状と将来像 日本臨床救急医学会雑誌
19(6): 725-734
2016 上杉泰隆
「災害医療救護訓練の科学的解析に基づく都市減災のコミュニティの創造に関する研究開発」―前編:研究の概要について― プレホスピタル・ケア
29(6): 72-76
2016 関根和弘
太田祥一
地域包括ケアシステムの構築に向けたメディカルコントロールの活用についての実態調査(第二報)―地域包括ケアシステムとメディカルコントロール・救急隊のあり方― プレホスピタル・ケア
29(5): 90-93
2016 関根和弘
太田祥一
地域包括ケアシステムの構築に向けたメディカルコントロールの活用についての実態調査―終末期の救急要請に対する現場での対応を中心として― プレホスピタル・ケア
29(4): 46-49
2016 行岡哲男 救急医学・医療の先駆性 救急医学・医療からみた地域医療構想の本質的意味 病院
75(10): 783-788
2016 田中博之 「気づく」訓練の必要性―心肺蘇生術に則って,心停止以外の症例を検討した経験を通じて考える― 蘇生 日本蘇生学会雑誌
35(2): 106-108
2016 三島史朗 第52回医科学フォーラム 東京医科大学雑誌
74(2): 168-169
2016 行岡哲男 全国メディカルコントロール協議会連絡会世話人会会長・行岡哲男先生に聞く 転院搬送をどう考えるか プレホスピタル・ケア
29(3): 18
2016 太田祥一 ドクターズリラックスタイム:ヨットレースと救急医療はチームワークの妙味でつながっている 月刊新医療
43(6): 86
2016 小畑礼一郎 Question 08 無症候性の高血圧緊急症(いわゆるhypertensive urgency:収縮期血圧180mmHg以上など)であったとしても,ある程度急いで血圧を下げるべきと考えます.ただ,急激な降圧はよくないとされているので,具体的にはどのような薬を出して,どのようにフォローするのがよいでしょうか? 治療
98(3): 352-354
2016 新田國夫(司会)
太田祥一(出席者)
創刊ゼロ号記念鼎談:地域包括ケアシステムと在宅医療×救急医療×地域・多職種連携~最期まで患者が望む暮らし方を,在宅医療と看護はどう支えるか~ 在宅新療
0: 1-7
▲ページTOPへ戻る
■著書
発行年 著者名 著書名 分担題名 発行所または
出版社
2016 行岡哲男 地域とつながる 高齢者救急実践ガイド 南山堂
2016 織田順 地域とつながる 高齢者救急実践ガイド オプション提示(移植医療に関する情報提供) 南山堂 283-288
2016 河井健太郎
地域とつながる 高齢者救急実践ガイド 救急医学概論 南山堂 2-12
2016 内田康太郎
地域とつながる 高齢者救急実践ガイド 高齢者救急のこれから 南山堂 415-422
2016 東一成
地域とつながる 高齢者救急実践ガイド 高齢者をとりまく状況と救急医療とのかかわり 南山堂 241-247
高齢者救急とEnd-of-Life Care 278-283
2016 田中洋輔
地域とつながる 高齢者救急実践ガイド てんかん 南山堂 310-314
2016 小畑礼一郎
地域とつながる 高齢者救急実践ガイド 高齢者救急診療総論―見落としなく元の生活に戻ることを目標としたよりよい高齢者救急対応のために 南山堂 169-177
2016 森永顕太郎
地域とつながる 高齢者救急実践ガイド 肺炎,誤嚥性肺炎 南山堂 338-344
2016 石上雄太
地域とつながる 高齢者救急実践ガイド 救急初期対応 南山堂 178-190
2016 渡辺研人
地域とつながる 高齢者救急実践ガイド 尿路感染敗血症 南山堂 366-372
2016 生沼幸子
太田祥一
地域とつながる 高齢者救急実践ガイド 神経難病の看取り 南山堂 399-407
2016  織田順 栄養医療のスペシャリストがつづる 心に残る栄養療法の患者さんたち2―胃瘻?経鼻胃管?CVポート?・・・在宅静脈・経腸栄養?  「栄養が必要な方ほど栄養が入らない」ことを思い知らされた患者さん フジメディカル出版  230-232
2016 行岡哲男 今日の治療指針2016 救急医療 最近の動向 医学書院  5-7
1 救急医療
B. 手技
責任編集
2016 三島史朗 今日の治療指針2016 熱傷の局所療法 医学書院 43-44
2016  織田順 今日の治療指針2016  循環器用薬中毒 医学書院  133-134
▲ページTOPへ戻る
■学術刊行物
発表年 発表者氏名
(共同発表含む)
論文題目 発表 誌名
(巻・初頁 〜 終頁)
2016 織田順 第6回クリニカルパス大会が開催されました 東京医科大学報
595: 29
2016 新井隆男 軽症から重症、外来から集中治療まで、幅広く対応する救命救急センター 東京医科大学報
595: 20-21
2016 行岡哲男 常務理事に唐沢昌敬、行岡哲男、土田明彦の3氏就任:総務担当 人事、労務担当 東京医大新聞
527: 1

2016 行岡哲男 法人役員就任のご挨拶:総務担当 人事、労務担当 常務理事 東京医科大学報
594: 5
2016 行岡哲男 救急医療からみる医療連携の重要性―「病を抱えた人」として生きる人々の支援のために Medical Note
2016 行岡哲男 祝辞:10年ひと昔 東京医科歯科大学医学部付属病院救命救急センター(ERセンター)10周年記念誌:23
2016 内田康太郎 トリアージ研修会開催される 東京医科大学報
591: 39-40
2016 織田順 病態把握のための定型化アプローチABCD-INR-FT 研修医通信2016
27-31
▲ページTOPへ戻る
■国際学会
発表年月 発表者氏名
(共同発表含む)
演題名 発表機関
(学会名)
2016.09 Tsurukiri J
Quickshot Session:Acute vascular interventional radiology techniques in acute care medicine and surgery performed by trained acute care physicians. 75th Annual Meeting of the American Association for the Surgery of Trauma and Clinical Congress of Acute Care Surgery
2016.09 Tsurukiri J
Poster:Early volume changes in hippocampus area demonstrated using VSRAD program appears to be advantage for clinical acute care physicians to predict the reduction of daily activity following moderate head trauma
75th Annual Meeting of the American Association for the Surgery of Trauma and Clinical Congress of Acute Care Surgery
2016.08 Oda J Symposium: Multidisciplinary Burn Care Team Concept 18th Congress of the International Society for Burn Injuries
2016.06 Oda J Poster Sessions: Improvement of patient safety access-Aggregation of CVC insertion and license system at CVC center-follow-up report 4th World Congress on Vascular Access WoCoVA 2016
▲ページTOPへ戻る
■国内学会
発表年月 発表者氏名
(共同発表含む)
演題名 発表機関
(学会名)
2016.12 行岡哲男 教育講演:救急科専門医育成の新システム~キャリア・プログラム・コンピテンシー~ 第19回日本救急医学会中部地方会
2016.11 弦切純也
シンポジウム:臓器提供施設から見た変化と問題点:「提供」と「移植」 第43回日本臓器保存生物医学会
2016.11 田中博之 一般演題(ポスター):当院外来から高次病院へ救急車転院搬送となった症例の検討 第44回日本救急医学会
2016.11 織田順 救急科領域講習:急性中毒に有用な「トキシドローム」を整理する 第44回日本救急医学会
2016.11 織田順
一般演題(口演):SIRS症例ではATIII/Alb比が重症度・予後の指標となる 第44回日本救急医学会
2016.11 織田順
パネルディスカッション:ABLSはなぜ有用か? 第44回日本救急医学会
2016.11 本間宙
一般演題(ポスター):飽和食塩溶液固定法献体による外傷手術臨床解剖学的研究会アドバンスドコースの試み 第44回日本救急医学会
2016.11 新井隆男 パネルディスカッション:救命救急センターと地域医療 出口問題からの地域連携 第44回日本救急医学会
2016.11 新井隆男
一般演題(口演):頭部外傷後早期の非痙攣性てんかんに対する一般診療の在り方 第44回日本救急医学会
2016.11 河井健太郎
一般演題(ポスター):出血性ショックと向精神薬過量服薬が深部体温に及ぼす影響の分析 第44回日本救急医学会
2016.11 内田康太郎
パネルディスカッション関連セッション:終の棲家と救急医療の連携のありかた―高齢者施設からの心肺停止例を中心に― 第44回日本救急医学会
2016.11 弦切純也 一般演題(口演):大都市郊外における後方循環破裂脳動脈瘤の血管内手術の現状 第44回日本救急医学会
2016.11 弦切純也

一般演題(口演):超高齢者虚血性脳血管障害に対する機械的血栓除去術の課題 第44回日本救急医学会
2016.11 東一成
一般演題(口演):救急医のサブスペシャルティーとしての精神保健指定医のありかた 第44回日本救急医学会
2016.11 東一成
一般演題(口演):目撃なしの意識障害患者におけるDenver Seizure Scoreの検証 第44回日本救急医学会
2016.11 鈴木彰二
一般演題(口演):中央手術室と救急初療室,Acute Care Surgery実施場所の検討 第44回日本救急医学会
2016.11 石井友理
一般演題(口演):呼吸器誘発肺障害におけるaquaporinの役割 第44回日本救急医学会
2016.11 内堀健一郎
一般演題(ポスター):大動脈遮断と動脈塞栓術を併用した出血性十二指腸潰瘍の治療 第44回日本救急医学会
2016.11 上杉泰隆
一般演題(口演):学会主催の臨床研修医・医学生のための救急セミナーにおける参加者アンケート結果と追跡調査の報告 第44回日本救急医学会
2016.11 森永顕太郎

一般演題(ポスター):3b型膵損傷に対する内視鏡的膵管ステント留置の適応 第44回日本救急医学会
2016.11 石上雄太
一般演題(ポスター):対照的な転帰を辿ったLemierre症候群の2例 第44回日本救急医学会
2016.11 渡辺研人
パネルディスカッション:都市型3次救命救急センターと地域医療との連携のあり方―在宅医療との連携を中心に― 第44回日本救急医学会
2016.11 櫻井将継
一般演題(口演):臓器提供施設から見た脳死:その変化と問題点 第44回日本救急医学会
2016.11 山中浩史
一般演題(ポスター):肺動脈塞栓術を行った感染性肺動脈仮性動脈瘤破裂 第44回日本救急医学会
2016.11 Abe K
English Session(口演):Patients with traumatic brain injury managed in intermediate care unit; a single emergency center evaluation 第44回日本救急医学会
2016.11 小西浩之
一般演題(ポスター):REBOA が奏功した異所性妊娠破裂による出血性ショック 第44回日本救急医学会
2016.11 坪内信彦
一般演題(ポスター):VV-ECMO 導入を要した重症マイコプラズマ肺炎治療 第44回日本救急医学会
2016.11 大西正輝
依田育士
内田康太郎
パネルディスカッション:RGB-Dカメラを用いた救急初療室の長期間にわたる人数計測とその可視化 第44回日本救急医学会
2016.11 木下順弘
横田裕行
小池薫
織田順
パネルディスカッション:救急医療における終末期症例WEB登録の最終結果について 第44回日本救急医学会
2016.11 片山祐介
北村哲久
石見拓
吉矢和久
織田順
一般演題(口演):高齢救急搬送患者での独居要因が転帰に与える影響 第44回日本救急医学会
2016.11 長田雄大
UNFRACTIONATED HEPARIN AFTER TBI REDUCES IN VIVO CEREBROVASCULAR IN-FLAMMATION, BRAIN EDEMA AND ACCELERATES COGNITIVE RECOVERY 第178回東京医科大学医学会
2016.10 太田祥一 交流集会:地域包括ケアシステムでの救急と地域の連携を考える 第18回日本救急看護学会
2016.09 織田順 シンポジウム:まずは、「意思確認」ではなく「移植医療に関する情報提供」で良い 第52回日本移植学会
2016.09 行岡哲男 特別講演:「トップナイフ」が革新的手術書である理由:「正しい判断」から「正しいと確信する判断」への移行 第8回日本Acute Care Surgery学会
2016.09 本間宙
ポスター:冷凍保存ブタ臓器による外傷手術手技研究会(第3報) 第8回日本Acute Care Surgery学会
2016.09 佐野秀史
ポスター:循環動態不安定な出血性十二指腸潰瘍に対してIABOを使用した1例 第8回日本Acute Care Surgery学会
2016.09 織田順 シンポジウム:救命救急医の立場から~全身管理の要点と栄養管理の標準化より~ 第18回日本褥瘡学会
2016.07 坂本哲也
浅利靖
遠藤容子
奥村徹
織田順
急性中毒標準治療ワークショップ:オーガナイザーの言葉 第38回日本中毒学会
2016.06 東一成
「移植医療に対する情報提供」の標準化により臓器・組織提供の機会があることをルーチンに伝えられる 第29回日本脳死脳蘇生学会
2016.06 佐々木淳一
織田順
パネルディスカッション:本邦におけるABLS普及の現状 第42回日本熱傷学会
2016.05 杉田学
森村尚登
織田順
シンポジウム:緊急度判定指標(NOAS:National Overall Acuity Scale)と検証基準 第19回日本臨床救急医学会
2016.05 関根和弘
野口英一
佐藤武諭毅
辻友篤
太田祥一
ポスター:地域包括ケアシステム構築のためのMC協議会活用についての実態調査(救急隊員へのアンケート調査) 第19回日本臨床救急医学会
2016.05 ぬで島広大
田村順吉
織田順
ポスター:薬物多量服用事案における医療機関選定についての考察 第19回日本臨床救急医学会
2016.03 三島史朗 ミニレクチャー:患者の身体を見ない,触らないとどうなるか,事例紹介 第52回日本腹部救急医学会
2016.02 織田順 ミニレク:圧挫症候群 第21回日本集団災害医学会
2016.02 新井隆男
一般演題ポスター:災害医療訓練の企画・実施に役立つデータベースの構築 第21回日本集団災害医学会
2016.02 川島理恵
黒嶋智美
依田育士
太田祥一
優秀演題:トリアージの効率化に向けた社会学と工学の融合研究 第21回日本集団災害医学会
2016.02 黒嶋智美
川島理恵
依田育士
太田祥一
一般演題ポスター:「ない」から「ある」のコミュニケーションへ―災害医療救護訓練のコミュニケーション分析から― 第21回日本集団災害医学会
2016.02 佐野秀史
一般演題(デジタルポスター):大都市郊外型救命救急センターにおける小児外傷症例についての検討  第43回日本集中治療医学会
2016.02 田中洋輔
一般演題(ポスターCP):てんかん重積状態を呈した非ヘルペス性辺縁系脳炎の一例  第43回日本集中治療医学会
2016.02 櫻井将継
一般演題(デジタルポスター):救命救急センターの集中治療下における脳死・心停止下臓器提供の現状と問題点  第43回日本集中治療医学会
2016.02 藤川翼
優秀演題:心拍変動を用いた向精神薬中毒重症度評価  第43回日本集中治療医学会
2016.02 守屋まり子
一般演題(ポスターFP):当院救命救急センターに搬送された墜落外傷症例の検討  第43回日本集中治療医学会
 
▲ページTOPへ戻る
  研究・業績TOPページへ  





サイトマップお問い合わせサイトポリシー個人情報保護基本方針について
【メールでの診療に関するお問い合わせにはお答えできません。】
Copyright (c) Tokyo Medical University all right reserved.