東京医科大学 救急医学イメージ
HOMEEnglish here
救急医学のご案内
 救急医学の歩み
 主任教授挨拶
 研究・業績
 スタッフ紹介
 救命救急センター探索

診療のご案内
救急医を志す方へ
救急医の道
後期研修医・スタッフ募集
研修プログラム概要
研修医の皆さんへのメッセージ

救急医学の活動
 マスメディア情報
イベントレポート
救急医学からのお知らせ
最新情報バックナンバー

スタッフ通信
主任教授の独り言
救急医の花道
抄読会記録
三島のお蔵
八王子の扉


後期研修医募集 災害医療 東京医科大学 救急医学講座facebook 三島のお蔵facebook


研究・業績

■学術論文1(原著)
発表年 発表者氏名
(共同発表含む)
論文題目 発表 誌名
(巻・初頁 〜 終頁)
2014 Hayashi S
Homma H
Saturated salt solution method: a useful cadaver embalming for surgical skills training Medicine
93(27): e196
2014 Arai T
Prediction of blood culture results by measuring procalcitonin levels and other inflammatory biomarkers American Journal of Emergency Medicine
32(4): 330-333
2014 Ohta S
How, when, and where have rental automated external defibrillators been used in Japan? Journal of Cardiology
64(2): 117-120
2014 Nakahara S
Uchida Y
Oda J
Bridging classification for injury diagnoses that can be converted to both the International Classification of Diseases and the Abbreviated Injury Scale Acute Medicine & Surgery
1(1): 10-16
2014 遠藤裕
山口征吾
林悠介
大橋さとみ
本多忠幸
普久原朝海
本間宙
地理情報システム(GIS)を用いたドクターヘリ相互応援の評価 日本航空医療学会雑誌
15(3): 3-8
2014 本間宙
冷凍保存ブタ臓器による外傷手術手技研究会 Japanese Journal of Acute Care Surgery
3: 70-75
▲ページTOPへ戻る
■学術論文2(総説)
発表年 発表者氏名
(共同発表含む)
論文題目 発表 誌名
(巻・初頁 〜 終頁)
2014 太田祥一 地域包括ケアと救急医療 救急医学
38(13): 1715-1721 
2014 織田順 救急医療における薬剤師との協働 救急医学
38(13): 1691-1694 
2014 織田順 「中心静脈カテーテル」抜去の基準とケア Expert Nurse
30(15): 10-15 
2014 太田祥一 救急医の仕事:臨床・教育・研究からMedutainmentへ Emergency Care
別冊 救急医療 達人に学ぶ!vol.2: 111-119
2014 本間宙 中心静脈栄養施行中の患者さん。心拍数上昇、血圧・酸素飽和度の低下が見られた Expert Nurse
30(14): 125-132 
2014 上野雅仁 心臓カテーテル(PCI)術後に帰室した患者さん。突然、頭痛・めまいを訴えた Expert Nurse
30(14): 7-12 
2014 石井友理 吐血があって検査入院の患者さん。顔面蒼白になりバイタルサインが変化した Expert Nurse
30(14): 19-25 
2014 佐野秀史 尿路感染症で入院中の高齢患者さん。夜間転倒後、頸部痛や四肢の麻痺・しびれが出現した Expert Nurse
30(14): 119-123 
2014 織田順 減張切開 救急医学
38(10): 1248-1253 
2014 鈴木昌
横山彰仁
鈴木則宏
宮崎俊一
朔啓二郎
山田京志
太田祥一
シリーズ:内科医に必要な救急医療
JMECCの現状と今後の展望
日本内科学会雑誌
103(8): 1962-1971 
2014 織田順 Abdominal compartment syndrome 救急・集中治療
26(7・8): 1012-1022
2014 織田順 二次救急医療機関と高齢化率の現状 Current Therapy
32(8): 722-727
2014 藤本竜平
夏季スポーツにおける救護体制 体育の科学
64(7): 481-487
2014 織田順 熱中症 腎と透析
76(4): 613-616
2014 本間宙 心拍数の上昇に、血圧・SpO2の低下。気胸の徴候は見られないけれど・・・ Expert Nurse
30(3): 100-110 
2014 織田順 ジフェンヒドラミン含有薬剤の過量服薬への対応 Modern Physician
34(2): 188-190
▲ページTOPへ戻る
■学術論文3(症例報告)
発表年 発表者氏名
(共同発表含む)
論文題目 発表 誌名
(巻・初頁 〜 終頁)
2014 Ueno M
Oda J
Treatment of lethal acetylsalicylic acid poisoning without hemodialysis Acute Medicine & Surgery
[in press]
2014 Uchida K
Hemostasis with emergently modified application of intra-aortic balloon occlusion (IABO) in a patient with impending cardiac arrest following blunt proximal thigh amputation: A case report Acute Medicine & Surgery
[in press]
2014 Azuma K 
A 71-year-old female with giant goiter associated with tracheomalacia Acute Medicine & Surgery
1(4): 242-244
2014 浦松雅史
河井健太郎
身元不明患者への医療費請求方法としての相続財産管理人の利用 東京医科大学雑誌
72(4): 320-323
2014 五十嵐一紀
山口陽子
小林由佳
黒岩貴之
小山要
田中博之
糖尿病性ケトアシドーシスの発症を契機に膵癌と診断された1例 日本臨床救急医学会雑誌
17(3): 473-477
▲ページTOPへ戻る
■学術論文4(その他)
発表年 発表者氏名
(共同発表含む)
論文題目 発表 誌名
(巻・初頁 〜 終頁)
2014 行岡哲男 書評:救急レジデントマニュアル 第5版 medicina
51(2): 253
2014 織田順 症状・訴えの変化から読み取る 急変サインの見抜き方 Expert Nurse
30(14): 編集 
2014 織田順 はじめに Expert Nurse
30(14): 5 
2014 太田祥一 特集 地域包括ケアと救急医療 救急医学
38(9): Guest editor 
2014 太田祥一 編集にあたって 救急医学
38(9): 993
2014 太田祥一 まとめ 救急医学
38(9): 1078-1080
2014 太田祥一
(司会)
座談会:地域包括ケアシステムと救急医療 救急医学
38(9): 1081-1090
2014 行岡哲男 書評:外科医の悲劇 崩れゆく帝王の日々 救急医学
38(7): 769
2014 平沼髙明
佐野誠
杉田雅彦
織田順
吐瀉窒息事件、大阪高裁へ差戻しされた事例 賠償科学
40:78-97
2014 行岡哲男 医学・医療における不確実性の検討―「正しい判断」から「正しいと確信する判断」へ― 会計プロフェッション
9: 5-18
2014 織田順 ナースが知りたい!ドクターコールの判断ポイント Expert Nurse
30(3): 100-110(編集) 
2014 織田順 ナースが知りたい!ドクターコールの判断ポイント Expert Nurse
30(2): 99-104(編集) 
▲ページTOPへ戻る
■著書
発行年 著者名 著書名 分担題名 発行所または
出版社
2014 織田順 外傷専門診療ガイドライン JETEC 外傷後の腹腔内圧管理 へるす出版 342-350
カダバーを用いる際の倫理的諸問題 413-417
2014 本間宙 外傷専門診療ガイドライン JETEC 献体による外傷手術臨床解剖学的研究会 へるす出版 403-407
2014 三島史朗
救急・集中治療最新ガイドライン2014-'15 外傷による病院前心肺停止の蘇生中止の指針 総合医学社 152-154
2014 織田順 救急救命士標準テキスト 追補版 低血糖・高血糖の病態と対応 へるす出版 48-51
2014 織田順 目でみる救命救急医療 Emergency Medicine Illustrated 熱傷の種々の輸液療法 日本臨牀社 71
吸入損傷(気道熱傷) 72
中毒の診断と一般的処置 74
血液浄化法 75
医薬品中毒 76
2014 行岡哲男 今日の治療指針2014 救急医療 最近の動向 医学書院 7-10
B.手技 責任編集
2014 織田順 今日の治療指針2014 アナフィラキシーショック 医学書院 26-27
三環系抗うつ薬中毒,炭酸リチウム中毒 128-129
2014 行岡哲男 標準救急医学 第5版 第5版の刊行にあたって 医学書院
2014 太田祥一 標準救急医学 第5版 静脈路の確保 医学書院 48-49
中心静脈カテーテルの挿入 49-53
動脈カニュレーション 53-55
緊急検査 109-123
感染症検査 123-126
▲ページTOPへ戻る
■学術刊行物
発表年 発表者氏名
(共同発表含む)
論文題目 発表 誌名
(巻・初頁 〜 終頁)
2014 野口英一 地震火災総合訓練を視察して 東京医科大学報
572: 22-24
2014 織田順 東日本大震災三周年追悼式式典への協力に対し内閣総理大臣より感謝状を授与される 東京医科大学報
565: 42
2014 織田順 社会の変化に対応する活動性の高い救命救急センターを目指して 東京医科大学報
565: 31 
2014 行岡哲男 我々が手中に収めつつあるもの―21世紀のC2― 救急救命
16(2): 7
2014 行岡哲男 書評:救急レジデントマニュアル 第5版 週刊医学界新聞
3067: 6
▲ページTOPへ戻る
■国際学会
発表年月 発表者氏名
(共同発表含む)
演題名 発表機関
(学会名)
2014.10 Oda J

Poster: Advanced burn life support (ABLS) course provider distribution in Japan

17th Congress of the International Society for Burn Injuries
2014.10 Sasaki J
Oda J

Poster: Establishment of an ABLS course organizing in Japan

17th Congress of the International Society for Burn Injuries
2014.09 Yoda I
Onishi M
Kuroshima S
Kawashima M
Yukioka T
他 

Developing scientific analysis system for the utilization of triage post: A case
of medical disaster drill session using 3D camera

The 12th Asia Pacific Conference on Disaster Medicine
2014.09 Egawa K
Yoda I
Ohta S
他 

Study for the place of first-aid stations in Tokyo metropolitan area 

The 12th Asia Pacific Conference on Disaster Medicine
2014.09 Tsurukiri J
他 

Dynamic changes of cerebral tissue oxygen saturation (SctO2) using a Near Infrared
Spectroscopy (NIRS) during therapeutic hypothermia for patients with
post-resuscitated ischemic brain damage.

73rd Annual Meeting of the American Association for the Surgery of Trauma and Clinical Congress of Acute Care Surgery 
2014.06 Oda J Improvement of patient safety access for CVC – Aggregation of CVC insertion and license system at Central Venous Catheterization (CVC) center World Congress Vascular Access 2014
2014.06 Oda J Thermolabile genetic polymorphism may be a serious risk factor for heat stroke International Conference on Emergency Medicine 2014
2014.06 Sakurai M
Free Paper:Effects of pleural drainage on oxygenation in critically ill patients International Conference on Emergency Medicine 2014
▲ページTOPへ戻る
■国内学会
発表年月 発表者氏名
(共同発表含む)
演題名 発表機関
(学会名)
2014.12 布施明
五十嵐豊
横堀将司
横田裕行
久野将宗
小笠原智子
小井戸雄一
織田順
パネルディスカッション:東京ドクターカー協議会の設立とその経緯 第9回日本病院前救急診療医学会
2014.12 田中博之 一般演題(ポスター):ある急変例の振り返りから、あらゆる病院職員にとって「心肺蘇生術はどのように応用できるのか」を考える 第33回日本蘇生学会
2014.11 太田祥一
特別企画(シンポジウム):地域包括ケアシステムでの救急医療と在宅医療の近接性 リハビリテーション・ケア合同研究大会 長崎2014
2014.11 櫻井雅子
ポスター:Effects of pleural drainage on oxygenation in critically ill patients 第174回東京医科大学医学会
2014.10 織田順
シンポジウム:救命救急センターにおけるセンター長直接介入・相談事案の解析 第42回日本救急医学会
2014.10 織田順
パネルディスカッション:救命救急センターICUにおけるラメルテオンのせん妄予防効果 第42回日本救急医学会
2014.10 新井隆男
一般演題(口演):大規模図上訓練の準備において「手順書」を使用する意義 第42回日本救急医学会
2014.10 河井健太郎
一般演題(口演):東京医大病院のワークライフバランスの取り組み 第42回日本救急医学会
2014.10 園田清次郎
一般演題(口演):2012年ウツタイン調査に関するデータに基づく心肺蘇生後の1ヵ月後生存と社会復帰 第42回日本救急医学会
2014.10 弦切純也
一般演題(口演):主幹脳血管閉塞による脳卒中におけるPenumbra ADAPT techniqueの有用性~電動ポンプから人力吸引へのシフト~ 第42回日本救急医学会
2014.10 会田健太
一般演題(ポスター):内視鏡下経胃的ドレナージ術による外傷後biloma・肝壊死の治療経験 第42回日本救急医学会
2014.10 田中洋輔
一般演題(口演):高齢者てんかん発作の重篤化を回避するには 第42回日本救急医学会
2014.10 田中めぐみ
一般演題(ポスター):敗血症性DICの治療中に多発筋肉内血腫による腓骨神経麻痺を呈した1症例 第42回日本救急医学会
2014.10 桜井雅子
一般演題(口演):胸水ドレナージと酸素化能の関係 第42回日本救急医学会
2014.10 鎌形博展 一般演題(口演):General Appearanceの有用性と,初期研修におけるER診療での教育効果 第42回日本救急医学会
2014.10 赤嶺逸朗
一般演題(口演):災害医療対策における防火防災対策の位置づけと重要性 第42回日本救急医学会
2014.10 櫻井将継
一般演題(ポスター):ペースメーカー感染による感染性心内膜炎と上大静脈症候群を呈した1症例 第42回日本救急医学会
2014.10 佐藤高央
一般演題(ポスター):小児重症頭部外傷に複数の外傷性脳血管損傷を認めた1救命例 第42回日本救急医学会
2014.10 本間宙
一般演題(口演):サージカルトレーニングで修得した手技は保持されるか?-厚生労働省委託事業での検討 第42回日本救急医学会
2014.10 奥村栄太郎
弦切純也
一般演題(ポスター):交通事故による多発外傷の原因と考えられた出血性椎骨動脈解離の1治療例 第42回日本救急医学会
2014.10 小平亜美
上野恵子
学生・研修医部会設置運用特別委員会企画優秀演題パネルディス カッション:当院救急救命センターにおける過去10年間のV-V ECMO施行例の検討 第42回日本救急医学会
2014.10 増井伸高
太田祥一
シンポジウム:学生・研修医へ伝える救急医のWork life balance 第42回日本救急医学会
2014.10 堀智志
松村隆志
高橋麻里絵
岩田充永
櫻井淳
坂本照夫
太田祥一
一般演題(口演):学会主催の臨床研修医・医学生のための救急セミナー開催および参加者アンケート調査の報告 第42回日本救急医学会
2014.09 本間宙
一般演題:外科医にとって、献体外傷手術臨床解剖学的研究会は有用か?—厚生労働省委託研修事業の分析結果による検討— 第6回日本Acute Care Surgery学会
2014.09 添田博
織田順
一般演題:危険ドラッグによる急性中毒症例52例の検討 第29回日本救命医療学会
2014.07
三浦邦久
森村尚登
石原哲
武田宗和
太田祥一
特別プログラム:東京消防庁救急相談センター(#7119)における中毒と判断した事例への対応 第36回日本中毒学会
2014.07 冨岡譲二
嶋津岳士
浅利靖
遠藤容子
奥村徹
織田順
パネルディスカッション:日本中毒学会「中毒セミナー」 第36回日本中毒学会
2014.07 織田順 ワークショップ:医学部における中毒学教育 第36回日本中毒学会
2014.07 織田順 パネルディスカッション:日本中毒学会、日本救急医学会合同 中毒標準治療アンケート 6.インフォームドコンセント 第36回日本中毒学会
2014.06 上野恵子
緊急開腹術にて診断に至った腹腔内膀胱破裂の一例 第28回日本外傷学会
2014.06 高橋真冬
織田順
ポスター:病棟業務における多職種の情報管理-Medical Briefing- 第16回日本医療マネジメント学会
2014.06 太田祥一
パネルディスカッション:地域包括ケアシステムと救急医療-救急医療と在宅医療の近接性- 第17回日本臨床救急医学会
2014.06 新井隆男
関連演題:都道府県レベルの災害医療図上訓練を主催した経験 第17回日本臨床救急医学会
2014.06 新井隆男
関連演題:高齢者救急医療体制モデル「八高連」の実績とその意義 第17回日本臨床救急医学会
2014.06 三ツ井清
安倍弘一郎
織田順
一般演題口演:病院到着後における気道確保デバイスの入替えの現状 第17回日本臨床救急医学会
2014.06 安倍弘一郎
三ツ井清
織田順
一般演題口演:救急隊が使用した気道確保デバイスの入替えに関する医師の意識調査 第17回日本臨床救急医学会
2014.05 織田順 パネルディスカッション:救急医の立場から期待すること 第17回日本臨床救急医学会
2014.03 織田順 シンポジウム4:患者・家族の意思を尊重するための「オプション提示パス」運用による標準化の試み 第47回日本臨床腎移植学会
2014.03 沖田泰平
一般演題口演:肝膿瘍に対する高気圧酸素療法の有効性 第50回日本腹部救急医学会
2014.03 田中萌
一般演題ポスター:急性カフェイン中毒により心室細動を来した一例 第41回日本集中治療医学会
2014.02 外須美夫
行岡哲男
鼎談:専門医制度,特定看護師,終末期・・・ 第41回日本集中治療医学会
2014.02 弦切純也
一般演題口演:脳低体温療法を施行した心停止蘇生後昏睡患者におけるCerebral tissue oxygen saturation(SctO2)の変動 第41回日本集中治療医学会
2014.02 上野雅仁
一般演題ポスター:感染臓器別によるPCT値の検討 第41回日本集中治療医学会
2014.02 佐野秀史
一般演題ポスター:感染性胆汁腫に起因したbronchobiliary fistula(BBF)の1例 第41回日本集中治療医学会
2014.02 太田祥一 市民公開講座:平常時連携の仕組みづくり・非常時連携に必要な制度整備 第19回日本集団災害医学会
2014.02 新井隆男 病院災害対策マニュアル・コンペティション:東京医科大学八王子医療センター災害対応マニュアル 第19回日本集団災害医学会
▲ページTOPへ戻る
  研究・業績TOPページへ  





サイトマップお問い合わせサイトポリシー個人情報保護基本方針について
【メールでの診療に関するお問い合わせにはお答えできません。】
Copyright (c) Tokyo Medical University all right reserved.