東京医科大学 救急医学イメージ
HOMEEnglish here
救急医学のご案内
 救急医学の歩み
 主任教授挨拶
 研究・業績
 スタッフ紹介
 救命救急センター探索

診療のご案内
救急医を志す方へ
救急医の道
後期研修医・スタッフ募集
研修プログラム概要
研修医の皆さんへのメッセージ

救急医学の活動
 マスメディア情報
イベントレポート
救急医学からのお知らせ
最新情報バックナンバー

スタッフ通信
主任教授の独り言
救急医の花道
抄読会記録
三島のお蔵
八王子の扉


後期研修医募集 災害医療 東京医科大学 救急医学講座facebook 三島のお蔵facebook


研究・業績

■学術論文1(原著)
発表年 発表者氏名
(共同発表含む)
論文題目 発表 誌名
(巻・初頁 〜 終頁)
2011 Morimura N
Aruga T
Sakamoto T
Aoki N
Ohta S
Ishihara T
Kushimoto S
Ohta S
The impact of an emergency telephone consultation service on the use of ambulances in Tokyo Emergency Medicine Journal
28(1): 64-70
2011 東彦弘
織田順
臓器・組織提供におけるオプション提示クリニカルパスの作成と導入 日本救急医学会雑誌
22(11): 837-844
2011 木村利美
砂川慶介
戸塚恭一
松本哲哉
花木秀明
相馬一亥
鈴木幸男
吉田稔
大塚喜人
根本学
横田裕行
東原正明
織田成人
秋山暢
宮尾直樹
行岡哲男
硫酸アルベカシンの至適血中ピーク濃度を達成するための用量設定試験 日本化学療法学会雑誌
59(6): 597-604
2011 河井健太郎
大学病院における院内救急体制と救急専従医の役割の検証 日本救急医学会雑誌
22(4): 165-173
2011 織田順
救急連携クリニカルパス運用による多職種連携―病院前から初療現場で情報共有・診療の可視化を行う試みとして― 日本臨床救急医学会雑誌
14(1): 14-21
▲ページTOPへ戻る
■学術論文2(総説)
発表年 発表者氏名
(共同発表含む)
論文題目 発表 誌名
(巻・初頁 〜 終頁)
2011 金子直之 観察とは?救急活動における意義 その7:医師という生き物はどのようにつくられるのか?(中)

プレホスピタル・ケア
24(6): 52-55

2011 金子直之 観察とは?救急活動における意義 その6:医師という生き物はどのようにつくられるのか?(上)

プレホスピタル・ケア
24(5): 37-41

2011 奥村恵子
広範囲熱傷 救急医学
35(10): 1463-1468
2011 河井健太郎
大学病院での院内急変への取り組みと実績 救急医学
35(9): 1027-1032
2011 織田順 クラッシュシンドローム 月刊薬事
53(9): 53-56
2011 金子直之 観察とは?救急活動における意義 その5:打診

プレホスピタル・ケア
24(4): 14-15, 52-61

2011 行岡哲男 災害の本質 EMERGENCY CARE
24(8): 1
2011 金子直之 Damage control surgery(DCS)の基本手技;胸部・腹部・血管

救急医学
35(8): 904-911

2011 河井健太郎
職位職域を越えた協力体制を整える:継続的なシステム改善の試みがRRSの礎となる

LiSA
18(7): 666-668

2011 金子直之 観察とは?救急活動における意義 その4:触診

プレホスピタル・ケア
24(3): 58-67

2011 太田祥一
これからの高齢者救急;救急医の立場から

救急医学
35(6): 619-624

2011 金子直之 観察とは?救急活動における意義 その3:視診

プレホスピタル・ケア
24(2): 14-15, 34-44

2011 織田順 腹部外傷のIVR

救急医学
35(3): 284-289

2011 金子直之 腹部外傷診療に必要な臨床解剖学

救急医学
35(3): 301-307

2011 金子直之 観察とは?救急活動における意義 その2:問診

プレホスピタル・ケア
24(1): 28-39

2011 服部和裕
経腸栄養

月刊レジデント
4(3): 29-38

2011 川島理恵
救急現場における「看取り」のあり様 Medico
42(1): 4-7
▲ページTOPへ戻る
■学術論文3(症例報告)
発表年 発表者氏名
(共同発表含む)
論文題目 発表 誌名
(巻・初頁 〜 終頁)
2011 Tsurukiri J
Bilateral traumatic testicular dislocation Urology
78(6): 1306
2011 Tsurukiri J
Early multiple intrahepatic artery pseudoaneurysm formation after liver trauma Clinical Gastroenterology and Hepatology
9(10): e106-e107
2011 Tsurukiri J
Ruptured aneurysm of the splenic artery in a 90-year-old man with syncope Clinical Gastroenterology and Hepatology
9(8): e78-e79
2011 上野雅仁
軽度鈍的腎外傷(日本外傷学会腎損傷分類2008Ib型)による腎動静脈瘻の一例 日本救急医学会雑誌
22(5): 224-228
▲ページTOPへ戻る
■学術論文4(その他)
発表年 発表者氏名
(共同発表含む)
論文題目 発表 誌名
(巻・初頁 〜 終頁)
2011 金子直之 小腸・腸間膜損傷のCT診断:何を読めば何がどこまでわかるのか? 日本腹部救急医学会雑誌
31(7): 965-966
2011 織田順 〔腹部外傷の治療〕IVR―緊急カテーテル治療の適応と治療イメージ 救急・集中治療
23(9・10): 1422-1428
2011 金子直之 救命救急センターからみた高齢者救急搬送の現状と問題点 日本老年医学会雑誌
48(5): 478-481
2011 金子直之
骨盤外傷と感染 日本外科感染症学会雑誌
8(4): 349-358
2011 弦切純也 急性期意識障害の評価 救急・集中治療
23(7・8): 1080-1087
2011 上野雅仁
脳損傷後の集中治療における栄養管理と血糖管理 救急・集中治療
23(7・8): 1149-1154
2011 織田順
熱中症の新しいリスクファクターとしての熱不安定性フェノタイプ症 日本救急医学会雑誌
22(7): 350-351
2011 金子直之 脾損傷―治療方針と画像診断の位置付け― 救急・集中治療
23(5・6): 938-945
2011 江川香奈
依田育士
内田聡
長澤泰
川原千香子
太田祥一
多数傷病者受入れ時におけるトリアージ時の所要床面積に関する研究 日本集団災害医学会誌
16(1): 88-92
2011 太田祥一 標準化された内科救急初期診療〜JMECC(Japanese Medical Emergency Care Course)から〜 東京都医師会雑誌
64(5): 49-54
2011 金子直之 開胸心マッサージ 救急・集中治療
23(3・4): 627-633
2011 伊藤志門
織田順
このたびシンポを担当してしまいました! 日本クリニカルパス学会誌
13(1): 31-33
2011 織田順 クリニカルパス活動度の施設内推移と課題 日本クリニカルパス学会誌
13(1): 39-40
2011 関根和弘
学会認定救急救命士の可能性 日本臨床救急医学会雑誌
14(1): 75-77
2011 山下一好
畑谷重人
池田一美
池田寿昭
園田健一郎
長田雄大
救急認定臨床工学技士への期待 日本臨床救急医学会雑誌
14(1): 78-80
2011 峯村純子
桒原健
西澤健司
篠原高雄
鏑木盛雄
畝井浩子
菊池憲和
渡辺暁洋
織田順
認定・専門薬剤師制度の現状と救急医療における認定薬剤師制度について 日本臨床救急医学会雑誌
14(1): 95-97
2011 行岡哲男 特集 急性期代謝・栄養管理 月刊レジデント
4(3): 企画編集
2011 行岡哲男 特集にあたって 月刊レジデント
4(3): 5
2011 太田祥一 特集 これで大丈夫,苦手意識のある領域別救急対応のゴールドスタンダードとピットフォール 月刊レジデント
4(1): 企画編集
2011 太田祥一 特集にあたって 月刊レジデント
4(1): 5
▲ページTOPへ戻る
■著書
発行年 著者名 著書名 分担題名 発行所または
出版社
2011 行岡哲男 今日の救急治療指針 第2版 Ⅴ外傷
Ⅵ中毒
Ⅶ環境異常
医学書院 責任編集
2011 太田祥一 今日の救急治療指針 第2版 除細動 医学書院 782-784
2011 太田祥一 今日の救急治療指針 第2版 緊急ペーシング 医学書院 784-786
2011 金子直之 今日の救急治療指針 第2版 腹部外傷 医学書院 613-619
2011 大髙祐一 今日の救急治療指針 第2版 向精神薬中毒 医学書院 719-722
2011 弦切純也 今日の救急治療指針 第2版 頭部外傷 医学書院 602-606
2011 行岡哲男 医療ツーリズム―大震災でどうなる日本式成長モデル― 「医学教育2023年問題」とグローバルな医療〜大災害の超克,医療ツーリズムと重ねて〜 医薬ジャーナル社 64-69
2011 織田順 臓器提供時の家族対応のあり方 選択肢提示の標準的手順(誰が,どのタイミングで,パスなど) へるす出版 42-45
2011 織田順 臓器提供時の家族対応のあり方 選択肢の提示とチームでかかわる医療の役割 へるす出版 50-52
2011 織田順 臓器提供時の家族対応のあり方 具体的な取り組み―東京医科大学病院救命救急センターの場合― へるす出版 53-56
2011 金子直之 新 プレホスピタル外傷学 胸部外傷 永井書店 261-275
2011 関根和弘 新 プレホスピタル外傷学 車両からの救出 永井書店 107-124
2011 関根和弘 新 プレホスピタル外傷学 MEMO①ITLS-Accessコース―救急救命スタッフのための/車両事故における外傷重症者救出プロトコール― 永井書店 12-13
2011 関根和弘 新 プレホスピタル外傷学 MEMO⑤大型車両からの救出活動要領 永井書店 125-126
2011 関根和弘 新 プレホスピタル外傷学 MEMO⑥救急活動の資器材の工夫 永井書店 137-139
2011 張替喜世一 新 プレホスピタル外傷学 安全管理 永井書店 47-55
2011 張替喜世一 新 プレホスピタル外傷学 MEMO⑧特殊な状況下での脊柱安定化 永井書店 182-184
2011 織田順 薬剤師のための救急・集中治療領域標準テキスト 救急医療における医療安全 へるす出版 28-32
2011 東彦弘
薬剤師のための救急・集中治療領域標準テキスト 敗血症,多臓器機能障害 へるす出版 250-255
2011 奥村恵子
消化器外科学レビュー2011 腹部外傷 総合医学社 165-171
2011 織田順 救急診療指針 改訂第4版 緊急IVR へるす出版 263-266
2011 行岡哲男 今日の治療指針2011 1救急医療
B.手技
医学書院 責任編集
2011 太田祥一 今日の治療指針2011 消化管異物 医学書院 36-37
2011 河井健太郎 今日の治療指針2011 電解質異常補正法 医学書院 113-114
2011 横山智仁 今日の治療指針2011 緊急麻酔法 医学書院 100
▲ページTOPへ戻る
■学術刊行物
発表年 発表者氏名
(共同発表含む)
論文題目 発表 誌名
(巻・初頁 〜 終頁)
2011 杉本壽
堀進悟
行岡哲男
[座談会]社会の要請に応える次代の救急医療の在り方とは 週刊医学界新聞
2955: 1-3
2011 織田順 第5回クリニカルパス大会開催 東京医科大学報
524: 26-27
2011 織田順 救急領域「熱中症」 医療の質安全保証に向けた臨床知識の構造化(2)患者状態適応型パス[臨床知識の精緻化・一般化・実装]
117-119
2011 織田順 調査結果・考察「救急領域:蘇生後脳症(心肺停止後)」 医療の質安全保証に向けた臨床知識の構造化(2)患者状態適応型パス[臨床知識の精緻化・一般化・実装]
170-184
▲ページTOPへ戻る
■国際学会
発表年月 発表者氏名
(共同発表含む)
演題名 発表機関
(学会名)
2011.11 Tsurukiri J
Value of initial middle latency auditory evoked potential index for cardiopulmonary arrest resuscitation American Heart Association Scientific Sessions 2011
2011.09 Tsurukiri J
Value of automated chest compression device for kidney transplantation in intensive care units 70th American Association for the Surgery of Trauma
2011.08 Mishima S Pathophysiology of gut in severely injured man International Surgical Week ISW2011
2011.08 Oda J Burns and ACS International Surgical Week ISW2011
2011.08 Oda J Pre-hospital care of the burn patient International Surgical Week ISW2011
2011.08 Kaneko N
Anatomical consideration of pancreatic branches of splenic vessels for spleen-preserving distal pancreatectomy with complete conservation of splenic vascular and nervous system: cadaver study and case reports International Surgical Week ISW2011
2011.08 Oda J Hypertonic resuscitation Fifth World Congress on the Abdominal Compartment Syndrome
2011.08 Oda J Debate: "I prefer colloids" Fifth World Congress on the Abdominal Compartment Syndrome
2011.08 Oda J Systemic effects of sedation & paralysis Fifth World Congress on the Abdominal Compartment Syndrome
2011.08 Oda J
Characteristics of blunt trauma patients performed decompressive laparotomy in Japan from the Japan Trauma Data Bank Fifth World Congress on the Abdominal Compartment Syndrome
2011.04 Kaneko N

Surgical anatomy of pancreatic branches of splenic vessels pertinent to spleenpreserving
distal pancreatectomy with preserved splenic artery and vein: Cadaver study
and case report

12th European Congress of Trauma & Emergency Surgery
2011.04 Ueno M
Evaluation of paraspinal line widening on chest X-ray films for immediate diagnosis
of blunt thoracic aortic injury
12th European Congress of Trauma & Emergency Surgery
2011.03 Mishima S

Endotoxin induced-acute lung injury is ameliorated by free radical scavenger, edaravone in pulmonary endothelium but not in epithelium

43rd American Burn Association
▲ページTOPへ戻る
■国内学会
発表年月 発表者氏名
(共同発表含む)
演題名 発表機関
(学会名)
2011.12 織田順 救急連携クリニカルパス
日本クリニカルパス学会ホームページに発表データ掲載)
第12回日本クリニカルパス学会
2011.11 金子直之 腹部外傷における手術適応の見極め 第73回日本臨床外科学会
2011.10 行岡哲男 現象学と救急医学 第39回日本救急医学会
2011.10 武田宗和
太田祥一
多数傷病者対応訓練での傷病者トリアージにおけるボランティアによる「傷病者観察記録シート」の活用 第39回日本救急医学会
2011.10 葛岡英明
竹内保男
太田祥一
動作教示に注目した気管挿管教育支援システムの研究 第39回日本救急医学会
2011.10 六車崇
塚原紘平
谷昌憲
賀来典之
安達晋吾
太田邦雄
新田雅彦
中川智子
太田祥一
小児救命救急の教育方略と課題 第39回日本救急医学会
2011.10 鈴木昌
太田凡
木村昭夫
許勝栄
根本学
広瀬保夫
本多英喜
宮内洋
森村尚登
嶋津岳士
太田祥一
ER型救急後期研修プログラムの現状〜2010年アンケート調査結果から〜 第39回日本救急医学会
2011.10 三島史朗 学会における基礎実験の位置づけ 第39回日本救急医学会
2011.10 三島史朗
急性期高血糖と血管内皮細胞障害の検討 第39回日本救急医学会
2011.10 織田順
スキー場内診療所における診療実績の概要 第39回日本救急医学会
2011.10 江川香奈
宮間最弓
長澤泰
依田育士
大西正輝
織田順
救急処置室内の医療従事者の滞留場所に関する調査―救急処置室の建築計画に関する研究― 第39回日本救急医学会
2011.10 土屋一夫
新井隆男
救急救命士の病院研修とプレホスピタルケアにおける課題 第39回日本救急医学会
2011.10 河井健太郎
院内発症CPAに対する院内救急応援チームの活動状況とAEDの運用状況の検証 第39回日本救急医学会
2011.10 熊坂謙一郎
意識障害の原因が尿路感染症であった一例 第39回日本救急医学会
2011.10 刑部弘哲
鈴木彰二
腹壁皮下脂肪層に膨隆する膿瘍として発症した虫垂切除後残糸膿瘍の1例 第39回日本救急医学会
2011.10 長田雄大
APRVによる気胸のリスク 第39回日本救急医学会
2011.10 沖田泰平
救命領域における緊急高気圧酸素療法の有用性 第39回日本救急医学会
2011.10 玉寄しおり
熱傷に起因する重篤な敗血症性心筋障害の一例 第39回日本救急医学会
2011.10 濱本健作
治療抵抗性の破傷風にDexemedetomidineを使用した一例 第39回日本救急医学会
2011.10 石井友理
Streptobacillus moniliformisによる敗血症の1例 第39回日本救急医学会
2011.10 山岸朋子
東京の急性薬物中毒病院前トリアージ基準「50錠ルール」の検討 第39回日本救急医学会
2011.10 弦切純也
重症意識障害患者の初療における,中潜時聴覚誘発電位指数を用いた客観的意識レベル評価 第39回日本救急医学会
2011.10 弦切純也
脳血管障害患者に対する初期診療―中潜時聴覚誘発電位指数による意識覚醒レベルのモニタリング― 第39回日本救急医学会
2011.10 本間宙
Acute Care Surgery教育における解剖人献体を用いた外傷手術臨床解剖学的研究会の有用性 第39回日本救急医学会
2011.10 川島理恵
救急現場における医師-患者家族間コミュニケーション:死亡確認時の家族対応について 第39回日本救急医学会
2011.10 関根和弘
総合医の養成における小児救急疾患の診断能力向上のための視聴覚教材の開発 第39回日本救急医学会
2011.10 大西正輝
依田育士
黒嶋智美
川島理恵
「共有する医療」の実現に向けた救命診療ダイジェスト映像の自動生成 第39回日本救急医学会
2011.10 依田育士
大西正輝
川島理恵
救急医療におけるチーム医療行為解析のための動線と会話の同時解析システムの実装 第39回日本救急医学会
2011.10 黒嶋智美
川島理恵
共通認識による交渉時間の短縮化:ホットラインにおける東京ルール前後比較 第39回日本救急医学会
2011.08 金子直之 穿通性腹部外傷のCT 第47回日本腹部救急医学会
2011.08 金子直之 小腸・腸間膜損傷のCT診断:何を読めば何がどこまでわかるか
「第47回日本腹部救急医学会総会理事長賞」受賞
第47回日本腹部救急医学会
2011.08 金子直之 脾動静脈(SAV)付き脾温存尾側膵切除のためのSAV膵枝の解剖学的検討:症例報告とともに 第47回日本腹部救急医学会
2011.08 鈴木智哉
巨大脾動脈瘤破裂に対し低血圧下コイル塞栓術で救命した1例 第47回日本腹部救急医学会
2011.08 服部和裕
気腫性腎盂腎炎(EPN)に対し腎摘出術を実施することで救命し得た1例 第47回日本腹部救急医学会
2011.08 野中勇志
ショックを伴う超高齢者上部消化管出血に対し,緊急内視鏡・IVRを経て開腹術で責任血管結紮と胃開窓下潰瘍縫縮を行った1例 第47回日本腹部救急医学会
2011.08 弦切純也
髄膜炎および敗血症を併発し,pure subdural hematomaで発症した細菌性動脈瘤の1例 第36回日本脳卒中学会
2011.07 織田順
救急集中治療領域における,新しい定型化アプローチによる教育と情報共有 第43回日本医学教育学会
2011.06 織田順
救急連携クリニカルパス運用による病院前救護を含めた多職種連携 第13回日本医療マネジメント学会
2011.06 織田順
救急連携クリニカルパス 第13回日本医療マネジメント学会
2011.06 金子直之 高齢者の救急医療の現状とその問題点 第53回日本老年医学会
2011.06 織田順 救急認定薬剤師に期待される役割 第14回日本臨床救急医学会
2011.06 佐々木淳一
織田順
本邦におけるABLS(advanced burn life support)コース開催の現状と展望 第14回日本臨床救急医学会
2011.06 後藤健太郎
小久保有祐
織田順
多職種間における情報連携の試み 第14回日本臨床救急医学会
2011.06 小久保有祐
後藤健太郎
織田順
救急連携パスにおける救急隊へのフィードバック内容の分析 第14回日本臨床救急医学会
2011.06 織田順
コーパス(言語研究データ)と学術集会抄録集を利用した熱傷診療・研究のトレンド解析 第37回日本熱傷学会
2011.05 鈴木智哉
腰部刺創により腰動脈損傷をきたし,出血のコントロールに苦慮した1例 第25回日本外傷学会
2011.05 上野雅仁
骨盤骨折・会陰部損傷に伴った壊死性筋膜炎(NF)の2例 第25回日本外傷学会
2011.05 中原慎二
内田靖之
織田順
ICD-10とAIS2008の両者へ変換可能な外傷分類 第25回日本外傷学会
2011.02 織田順
患者状態適応型経管栄養クリニカルパスによる救命救急センターにおける栄養投与難渋例の解析 第26回日本静脈経腸栄養学会
2011.02 櫻井衛
金子直之
興味ある症状と画像経過を呈した出血性脳梗塞の1例 第61回日本救急医学会関東地方会
2011.02 北岡久美子
金子直之
外傷性膀胱損傷における診断:膀胱鏡?膀胱造影?造影CT? 第61回日本救急医学会関東地方会
▲ページTOPへ戻る
  研究・業績TOPページへ  





サイトマップお問い合わせサイトポリシー個人情報保護基本方針について
【メールでの診療に関するお問い合わせにはお答えできません。】
Copyright (c) Tokyo Medical University all right reserved.