東京医科大学 救急医学イメージ
HOMEEnglish here
救急医学のご案内
 救急医学の歩み
 主任教授挨拶
 研究・業績
 スタッフ紹介
 救命救急センター探索

診療のご案内
救急医を志す方へ
救急医の道
後期研修医・スタッフ募集
研修プログラム概要
研修医の皆さんへのメッセージ

救急医学の活動
 マスメディア情報
イベントレポート
救急医学からのお知らせ
最新情報バックナンバー

スタッフ通信
主任教授の独り言
救急医の花道
抄読会記録
三島のお蔵
八王子の扉


後期研修医募集 災害医療 東京医科大学 救急医学講座facebook 三島のお蔵facebook


研究・業績

■学術論文1(原著)
発表年 発表者氏名
(共同発表含む)
論文題目 発表 誌名
(巻・初頁 〜 終頁)
2009 Morozumi J
Matsuno N
Sakurai E
Nakamura Y
Arai T
Ohta S
Application of an Automated Cardiopulmonary Resuscitation Device for Kidney Transplantation from Uncontrolled Donation after Cardiac Death Donors in the Emergency Department. Clinical Transplantation Epub ahead of print
2009 Nakae H
Morozumi J
Ohta S
Yukioka T
他8名
Does Splenic Preservation Treatment(Embolization,Splenorrhaphy,and Partial Splenectomy)Improve Immunologic Function and Long-Term Prognosis After Splenic Injury? Journal of Trauma
67(3): 557-564
2009 Oda J
Kasai K
Noborio M
Ueyama M
Yukioka T
Hypothermia during burn surgery and postoperative acute lung injury in extensively burned patients Journal of Trauma
66(6): 1525-1530
2009 Oda J
Kasai K
Noborio M
Aoki Y
Yamashita K
Inoue T
Ueyama M
Yukioka T
Effect of intravenous atrial natriuretic peptide on pulmonary dysfunction and renal function following burn shock Journal of Trauma
66(5): 1281-1285
2009 Azuma H
Mishima S
Oda J
Homma H
Sasaki H
Hisamura M
Ohta S
Yukioka T
Enteral supplementation enriched with glutamine, fiber, and oligosaccharide prevents gut translocation in a bacterial overgrowth model Journal of Trauma
66(1): 110-114
2009 Mukojima K
Mishima S
Oda J
Homma H
Sasaki H
Ohta S
Yukioka T
Protective effects of free radical scavenger edaravone against xanthine oxidase-mediated permeability increases in human intestinal epithelial cell monolayer J Burn Care Res.
30(2): 335-340
2009 Morozumi J
Ohta S
Homma H
Sasaki H
Oda J
Suzuki K
Ohtaka Y
Noda M
Mishima S
Yukioka T
Introduction of Mobile Angiography into the Trauma Resuscitation Room Journal of Trauma
67(2): 245-251
2009 Sambol JT
Lee MA
Caputo FJ
Kawai K
Badami C
Kawai T
他2名
Mesenteric lymph duct ligation prevents trauma/hemorrhage shock-induced cardiac contractile dysfunction Journal of Applied Physiology
106(1): 57-65
▲ページTOPへ戻る
■学術論文2(総説)
発表年 発表者氏名
(共同発表含む)
論文題目 発表 誌名
(巻・初頁 〜 終頁)
2009 太田祥一 救急医療のススメ 現状を生き抜くための12の格言
「私と救急【前編】」の巻
Emergency Care
22(1): 6-8
2009 太田祥一 救急医療のススメ 現状を生き抜くための12の格言
「私と救急【後編】」の巻
Emergency Care
22(2): 2-3
2009 太田祥一 救急医療のススメ 現状を生き抜くための12の格言
「映画作りも医療も大事なのはチームワーク」の巻
Emergency Care
22(7): 2-3
2009 三宅康史
プランナー:太田祥一
救急医療のススメ 現状を生き抜くための12の格言
「受け持つ患者の経験一つ一つを大事にする」の巻
Emergency Care
22(11): 2-4
2009 太田祥一 救急医療のススメ 現状を生き抜くための12の格言
「ひとが好き、人の和が大事」の巻
Emergency Care
22(12): 2-4
2009 三島史朗 救急医療のススメ 現状を生き抜くための12の格言
「“bench to bedside”の視点を持つ」の巻
Emergency Care
22(6): 2-4
2009 織田順 救急医療のススメ 現状を生き抜くための12の格言
「重傷熱傷診療のススメ」の巻
Emergency Care
22(9): 2-3
2009 藤原圭太郎
三島史朗
行岡哲男
外傷性ショックの病態,診断と治療戦略とは? 救急・集中治療
21(7・8): 1002-1008
2009 本間宙 救急医療における質の管理と医療安全 救急医学
33(16): 623-629
2009 Sasaki H
Yukioka T
Hypothermia Encyclopedia of Molecular Mechanisms of Disease: Published by Spriger Reference
2009 織田順 腹部外傷とCT検査 消化器外科
32(4): 435-439
2009 行岡哲男 ロジスティック回帰曲線と人間的自由 救急医療ジャーナル
17(1): 1
▲ページTOPへ戻る
■学術論文3(症例報告)
発表年 発表者氏名
(共同発表含む)
論文題目 発表 誌名
(巻・初頁 〜 終頁)
2009 Morozumi J Abstracts;Direct introduction of mobile angiography into the emergency room for trauma patients with pelvic injury by trained trauma surgeons. European Journal of Trauma and Emergency Surgery
2009 金子直之
他1名
術中30分を超える心停止を伴ったがdamage controlを応用して救命した肝脾損傷の1例 日救急医会関東誌
30: 34-35
2009 Morozumi J
Sakurai E
Matsuno N
Ito M
Yokoyama T
Ohtaka Y
Taguchi H
Arai T
Kumasaka K
Ohta S
Successful kidney transplantation from donation after cardiac death using a load-distributing-band chest compression
device during long warm ischemic time
Resuscitation
80(2): 278-280
2009 Morozumi J Letter to the editor: Successful kidney transplantation from donation after cardiac death using a load-distributing-band chest compression device during long warm ischemic time. Resuscitation
80(6): 717
2009 Morozumi J
Arai T
Ohta S
Trans-arterial and trans-venous interventional radiology for an elderly patient with life-threatening pelvic injury after accidental falling due to life-threatening cardiac arrhythmia: a case report. Cases Journal
2: 6222
2009 Taguchi H
et al
Gastric Rupture Gastroenterology,
in press
2009 Oda J
Yamashita K
Inoue T
Kasai K
Aoki Y
Mega K
Noborio M
Harunari N
Ueyama M
Acute lung injury secondary to intra-abdominal hypertension and abdominal decompression in a burn patient Injury Extra
40(6): 106-108
2009 Morozumi J
Ohta S
Kumasaka K
Kojima T
Arai T
Ohtaka Y
Oda J
Mishima S
Yukioka T
Administration of recombinant activated factor VII (rFVIIa) as a damage control resuscitation technique for combined unstable pelvic fracture and severe traumatic brain injury. Injury Extra
40(6): 112-114
2009 Morozumi J
Homma H
Oda J
Mishima S
Yukioka T
Ohta S
Proximal external carotid artery embolization as a damage cont rol resuscitation technique for combined severe traumatic brain injury with uncontrolled oronasal haemorrhage and severe pelvic fracture in haemorrhagic shock Injury Extra
40(7): 122-124
2009 Sasaki H
Yukioka T
Ohta S
Noda M
Homma H
Mishima S
Follow-up of a self-resolving renal pseudoaneurysm using contrast-enhanced power Doppler ultrasonography Emergency Medicine Journal
26(3): 223-224
2009 Oda J
他2名
A solid mass in pelvic region wandering spleen Gastroenterology 137(4): e9-e10
▲ページTOPへ戻る
■学術論文4(その他)
発表年 発表者氏名
(共同発表含む)
論文題目 発表 誌名
(巻・初頁 〜 終頁)
2009 行岡哲男
(救急医学講座)
第386回東京医科大学臨床懇話会 PAD(Public Access Defibrillation)により社会復帰に至った院外心肺停止症例 東京医大誌
67(3): 342-350
2009 行岡哲男 病院長 就任のご挨拶 東京医大学報
504: 3
2009 太田祥一
(対談相手:西川美和(『Dear Doctor』監督))
『Dear Doctor』トークショー:ゆらぐ「ホンモノとニセモノ」の壁 週刊医学界新聞
2833: 4
▲ページTOPへ戻る
■著書
発行年 著者名 著書名 分担題名 発行所または
出版社
2009 大高祐一 今日の治療指針2009 広範囲熱傷の初期治療 医学書院 34
2009 田口博一 今日の治療指針2009 病院外心停止例の治療 医学書院 64
2009.09 太田祥一 「本物」の医療者とはなにか-映画『ディア・ドクター』が教えるもの   へるす出版 007-237
2009 行岡哲男 標準救急医学 熱傷 医学書院 453-471
2009 行岡哲男 標準救急医学 化学損傷 医学書院 471-472
2009 行岡哲男 標準救急医学 電撃傷 医学書院 472-475
▲ページTOPへ戻る
■学術刊行物
発表年 発表者氏名
(共同発表含む)
論文題目 発表 誌名
(巻・初頁 〜 終頁)
2009 太田祥一 AED(自動体外式除細動器) medical forum CHUGAI
13(4):36-37
2009 大高祐一 つながっています、救命の輪 応急手当情報誌
てあて
14(4):1
2009 織田順 患者状態適応型パス電子コンテンツの事例:救急領域「来院時軽症外傷」 医療の質安全保証を実現する患者状態適応型パス〔電子コンテンツ2008年度版〕
119-124
2009 織田順 患者状態適応型パス電子コンテンツの事例:救急領域「アナフィラキシー」 医療の質安全保証を実現する患者状態適応型パス〔電子コンテンツ2008年度版〕
241-243
2009 織田順 患者状態適応型パス電子コンテンツの事例:救急領域「急性薬物(眠剤)中毒」 医療の質安全保証を実現する患者状態適応型パス〔電子コンテンツ2008年度版〕
244-247
2009 織田順 患者状態適応型パス電子コンテンツの事例:救急領域「高次転送」 医療の質安全保証を実現する患者状態適応型パス〔電子コンテンツ2008年度版〕
248-250
2009 織田順 患者状態適応型パス電子コンテンツの事例:救急領域「高齢者救急」 医療の質安全保証を実現する患者状態適応型パス〔電子コンテンツ2008年度版〕
251-253
2009 織田順 患者状態適応型パス電子コンテンツの事例:救急領域「蘇生後脳症」 医療の質安全保証を実現する患者状態適応型パス〔電子コンテンツ2008年度版〕
254-257
2009 織田順 患者状態適応型パス電子コンテンツの事例:救急領域「来院時軽症外傷」 医療の質安全保証を実現する患者状態適応型パス〔電子コンテンツ2008年度版〕
258-260
▲ページTOPへ戻る
■国際学会
発表年月 発表者氏名
(共同発表含む)
演題名 発表機関
(学会名)
2009.05 Morozumi J
Homma H
Ohta S
Oda J
Mishima S
Yukioka T

Direct introduction of mobile angiography into the emergency room for trauma patients with pelvic injury by trained trauma surgeons.

10th European Congress of Trauma and Emergency Surgery
2009.06 Oda J The Latest in IAP Monitoring(Panel Session) 4th World Congress Abdominal Compartment Syndrome
2009.06 Oda J Non Operative Treatment: When Does Peritoneal Dialysis Work in ACS? 4th World Congress Abdominal Compartment Syndrome
2009.06 Oda J Common Clinical Conditions: Burns and ACS 4th World Congress Abdominal Compartment Syndrome
2009.06 Yukioka T Burn care based on Takeda’s interpretation of Phenomenology-From Correct Judgment to Judgment with Convinced Validity 28th International Human Science Research Conference
2009.03 Mishima S
Ohta S
Sasaki H
Homma H
Oda J
Hisamura T
Yukioka T
Inhibitory effects of statin for endothelium injury under high glucose level 41st American Burn Association
▲ページTOPへ戻る
■国内学会
発表年月 発表者氏名
(共同発表含む)
演題名 発表機関
(学会名)
2009.12 織田順 他 ABC定型化アプローチを利用した救命救急センターにおける診療の可視化の効果 第10回日本クリニカルパス学会
2009.12 鈴木香里 他 患者状態適応型経管栄養クリニカルパスを利用した救命救急センターにおける栄養投与難渋例の解析 第10回日本クリニカルパス学会
2009.10 太田祥一 他 日本救急医学会救急科専門医指定施設のAEDの配備と運用状況 第37回日本救急医学会
2009.10 織田順 他 救命センター初療室における診療スタッフの相互行為の分析〜コーパス(言語研究データ)を利用した共通言語の抽出と解析(第1報)〜 第37回日本救急医学会
2009.10 大高祐一 他 敗血症におけるアディポネクチンとCRPの検討 第37回日本救急医学会
2009.10 田口博一 他 救命救急センター入院患者におけるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)の分子生物学的検討〜市中型MRSA検出状況を中心に 第37回日本救急医学会
2009.10 新井隆男 他 敗血症急性期の血糖コントロールにおける脂肪乳剤の効果 第37回日本救急医学会
2009.10 鈴木香里 他 内科系診療におけるprimary survey再考 第37回日本救急医学会
2009.10 小林知子 他 公衆前での心肺停止例での蘇生・社会復帰は増えている〜一般市民によるAEDで蘇生した3例を経験して 第37回日本救急医学会
2009.10 川島理恵 他 ホットライン会話における救急搬送依頼の相互行為分析 第37回日本救急医学会
2009.10 土屋慶子 他 病院前救護における時空間の分節とその連鎖的在り方に関する研究〜ユビキタスステレオビジョン(USV)と会話分析をもちいて〜 第37回日本救急医学会
2009.10 熊坂謙一郎 他 両側多発腎膿瘍の一例 第37回日本救急医学会
2009.10 横山智仁 他 急性薬物中毒に肺塞栓症を合併した症例の検討 第37回日本救急医学会
2009.10 関根和弘 他 死戦期呼吸動画教材の教育的効果 第37回日本救急医学会
2009.10 長田雄大 他 遅発性の眼症状を主訴とした若年者低酸素脳症の1例 第37回日本救急医学会
2009.10 園田健一郎 他 小児救急における救急医の役割 第37回日本救急医学会
2009.10 川原千香子 他 小児一定頻度者に対する救急蘇生教育 第37回日本救急医学会
2009.05 織田順 熱傷患者における合併症回避 新開発された便失禁ケアシステムの効果と期待 第35回日本熱傷学会
2009.02 太田祥一 他 救急医療の法整備と救急医の関与の重要性 第12回日本臨床救急医学会
2009.06 織田順 他 DPCデータ様式のみを用いた救急領域における診療の多施設間比較 第12回日本臨床救急医学会
2009.06 東彦弘 他 患者家族と医療者が終末期の理解を共有するためのオプション提示パスの構築 第12回日本臨床救急医学会
2009.06 新井隆男 他 脂肪乳剤は全身炎症や血栓傾向を憎悪させるか? 第12回日本臨床救急医学会
2009.06 清水亮 他 酸素投与するもSpO2の上昇が認められない傷病者の血液ガス分析の検討 第12回日本臨床救急医学会
2009.06 土屋一夫 他 当救命救急センターでの高齢者施設等から搬送例の検討 第12回日本臨床救急医学会
2009.06 関根和弘 他 死戦期呼吸の教育用DVDの作成について 第12回日本臨床救急医学会
2009.05 田口博一 他 先天性腎盂尿管移行部狭窄に合併したGrade5腎損傷の1例 第23回日本外傷学会
2009.02 川原千香子 他 多職種で取り組むDMAT出動-日常業務中の出動から組織全体の災害対策整備へ- 第14回日本集団災害医学会
▲ページTOPへ戻る
  研究・業績TOPページへ  





サイトマップお問い合わせサイトポリシー個人情報保護基本方針について
【メールでの診療に関するお問い合わせにはお答えできません。】
Copyright (c) Tokyo Medical University all right reserved.