東京医科大学 救急医学イメージ
HOMEEnglish here
救急医学のご案内
 救急医学の歩み
 主任教授挨拶
 研究・業績
 スタッフ紹介
 救命救急センター探索

診療のご案内
救急医を志す方へ
救急医の道
後期研修医・スタッフ募集
研修プログラム概要
研修医の皆さんへのメッセージ

救急医学の活動
 マスメディア情報
イベントレポート
救急医学からのお知らせ
最新情報バックナンバー

スタッフ通信
主任教授の独り言
救急医の花道
抄読会記録
三島のお蔵
八王子の扉


後期研修医募集 災害医療 東京医科大学 救急医学講座facebook 三島のお蔵facebook


研究・業績

■学術論文2(総説)
発表年 発表者氏名
(共同発表含む)
論文題目 発表 誌名
(巻・初頁 〜 終頁)
2005 太田祥一 水難事故現場における自動体外式除細動装置を用いた救急システム 日本高気圧環境医学会関東地方会誌
4・13-18
2005 村岡麻樹
行岡哲男
腹部外傷の手術とダメージコントロール 消化器外科
28(3): 261-270,
2005 三島史朗 外傷患者に対するER開胸はfutile(無益な)ケアか? 救急・集中治療
17(5): 537-538
2005 松岡佑嗣
佐々木博一
太田祥一
救急略語辞典 CCU/ICU 救急医学
29(4)
2005 太田祥一 高齢者に起こりやすい内因性疾患・高齢者に起こりやすい外因性疾患・救急医療体制 月刊JP-NET
52(2): 13-47
2005 太田祥一 第1回救急医学概論I 臨床スポーツ医学
22(4): 469-479
2005 太田祥一 第2回救急医学概論II 臨床スポーツ医学
22(5): 630-638
2005 太田祥一 AED、PAD 臨床スポーツ医学
22(6): 729-735
2005 行岡哲男 米国外傷外科学会(AAST)がacute care surgery へと舵を切った理由 救急医学 臨時増刊 29(10): 1153-1156
2005 竹井義純
太田祥一
行岡哲男
脱水症,熱中症 救急医学
29(13): 1839-1842
2005 本間宙
神山知子
太田祥一
出血性十二指腸潰瘍に対するIVR治療 消化器内視鏡
17(11): 1967-1971
▲ページTOPへ戻る
■学術論文3(症例報告)
発表年 発表者氏名
(共同発表含む)
論文題目 発表 誌名
(巻・初頁 〜 終頁)
2005 Homma H
他5名
The female intestine is more resistant than the male intestine to gut injury and inflammation when subjected to conditions associated with shock states American Journal of Physiology-
Gastrointest Liver Physiol
288: 466-472
2005 Homma H
他8名
Small volume resuscitation with hypertonic saline is more effective in ameliorating trauma-hemorrhagic shock-induced lung injury
neutrophil activation and red blood cell dysfunction than pancreatitic protease inhibition
Journal of Trauma
59(2): 266-272
2005 Morozumi J
Mishima S
Ohta S
Fujikawa T
Sasaki H
Noda M
Yukioka T
The role of edaravone on the impairment of endothelial barrier function induced by acute oxidative stress in cultured human umbilical vein endothelial cell monolayer Journal of Trauma
59(3): 570-574
▲ページTOPへ戻る
■学術論文4(その他)
発表年 発表者氏名
(共同発表含む)
論文題目 発表 誌名
(巻・初頁 〜 終頁)
2005 太田祥一 上高地の観光客救え 旅館組合AED使う蘇生法学ぶ 市民タイムス日刊(1)
▲ページTOPへ戻る
■著書
発行年 著者名 著書名 分担題名 発行所または出版社
2005 太田祥一 痙攣 疾患別最新処方 メディカルレビュー社 18-19
2005 本間宙 低容量性ショック 疾患別最新処方 メディカルレビュー社 8-9
2005 行岡哲男 病院前救護とメディカルコントロール オフライン・メディカルコントロール 医学書院 217-288
2005 行岡哲男 救急羅針盤 プロローグ 荘道社 3-5
2005 三島史朗 救急羅針盤 ICUでは-医師の立場から 荘道社 100-144
2005 太田祥一 今日の治療指針2005 急性脱水症 医学書院 16-17
2005 太田祥一 今日の治療指針2005 動脈穿刺・カテテール留置法
観血的血圧測定法
医学書院 82
2005 三島史朗 今日の治療指針2005 広範囲熱傷の初期治療 医学書院 27-28
2005 行岡哲男 救急研修標準テキスト 救急医療に必要な検査〜検査計画 医学書院 32-37
2005 太田祥一 救急研修標準テキスト 急性消化管出血 医学書院 314-317
2005 太田祥一 研修医の救急医療研修のための基礎知識 心肺蘇生法 三共 126-148
▲ページTOPへ戻る
■学術刊行物
発表年 発表者氏名
(共同発表含む)
論文題目 発表 誌名
(巻・初頁 〜 終頁)
2005 太田祥一 水泳医事と安全管理 第39回水泳指導管理士養成講習会テキスト
86-87
2005 太田祥一 救急法の理論 第39回水泳指導管理士養成講習会テキスト
88-89
2005 太田祥一 救急法(救命救急手当法) 第39回トレーニング指導士養成講習会テキスト
310-322
▲ページTOPへ戻る
■国際学会
発表年月 発表者氏名
(共同発表含む)
演題名 発表機関
(学会名)
2005.9 Kuzuoka H
Yamashita J
Yamazaki K
Yukioka T
Ohta S
Paul L
Working Hand:Embodying interaction for healthcare 9 th European Conference on Computer-
Supported Cooperative
2005.5 Yukioka T Everett Idris Evans Memorial Lecture: Phenomenology in the context of burn care:from"a correct Iudgment"to"a judgment with convinced" 37th American Burn Association
2005.5 Nagai N
Mishima S
Yukioka T
The acute oxidative stress and high glucose level synergistically enhance endothelial dyfunction in vitro 37th American Burn Association
2005.1 Mishima S
Ohta S
Yukioka T
A synthesized radical scavenger, edaravon ameliorates pulmonary endothelial permeability increase induced by acute oxidative stress 34th Critical Care Congress
▲ページTOPへ戻る
■国内学会
発表年月 発表者氏名
(共同発表含む)
演題名 発表機関
(学会名)
2005.10 藤川正 他 外傷性胸部大動脈損傷の治療戦略 第33回日本救急医学会
2005.10 三島史朗 他 Edaravoneによるbacterial translocation抑制の検討 第33回日本救急医学会
2005.10 本間宙 他 都市型救命救急センターにおける外傷緊急血管造影の検討 第33回日本救急医学会
2005.10 須田高之 他 MC協議会が行うBLS、ICLSコースの課題 第33回日本救急医学会
2005.10 佐々木博一 他 自殺企図を目的とする薬物中毒症例の時系列分析 第33回日本救急医学会
2005.10 竹井義純 他 初療時の鎮痛・降圧に留意した、クモ膜下出血再破裂防止の試み 第33回日本救急医学会
2005.10 諸角純也 他 ERにおけるモバイルDSA装置の有用性について 第33回日本救急医学会
2005.7 佐々木博一 他 急性薬物中毒における脳波心電リアルタイム測定解析システム (MemCalcMakin2) の使用経験 第27回日本中毒学会
2005.5 金井尚之 他 当院における外傷死亡例 TRISS法による治療の質の検証 第19回日本外傷学会
2005.5 川原千香子 他 非医療従事者への外傷教育(プレアンビュランスケア) 第19回日本外傷学会
2005.5 河井健太郎 他 胸部大動脈損傷を伴う多発外傷に対するステントグラフト内挿術 第19回日本外傷学会
2005.4 佐々木博一 他 出血性ショック症例の深部体温変化-向精神薬内服症例との差異 第8回日本臨床救急医学会
2005.4 金井尚之 他 当院における心肺停止症例の検討 第8回日本臨床救急医学会
2005.4 河井健太郎 他 病院全体のシステムとしての院内救急対応 第8回日本臨床救急医学会
2005.3 太田祥一 他 大規模オープンウォータースイミング大会の救急医療支援 第10回日本集団災害医学会
2005.3 岡野谷純 他 新潟県中越大震災における医療支援の課題 第10回日本集団災害医学会
2005.2 金井尚之 他 当センターにおけるMRSA感染-サーベランスを通して 第32回日本集中治療医学会
2005.2 神山知子 若手集中医の集い
-集中治療医をふやすにはどうしたらよいか?-
第32回日本集中治療医学会
▲ページTOPへ戻る
  研究・業績TOPページへ  





サイトマップお問い合わせサイトポリシー個人情報保護基本方針について
【メールでの診療に関するお問い合わせにはお答えできません。】
Copyright (c) Tokyo Medical University all right reserved.