東京医科大学 救急医学イメージ
HOMEEnglish here
救急医学のご案内
 救急医学の歩み
 主任教授挨拶
 研究・業績
 スタッフ紹介
 救命救急センター探索

診療のご案内
救急医を志す方へ
救急医の道
後期研修医・スタッフ募集
研修プログラム概要
研修医の皆さんへのメッセージ

救急医学の活動
 マスメディア情報
イベントレポート
救急医学からのお知らせ
最新情報バックナンバー

スタッフ通信
主任教授の独り言
救急医の花道
抄読会記録
三島のお蔵
八王子の扉


後期研修医募集 災害医療 東京医科大学 救急医学講座facebook 三島のお蔵facebook


研究・業績

■学術論文2(総説)
発表年 発表者氏名
(共同発表含む)
論文題目 発表 誌名
(巻・初頁 〜 終頁)
2004 行岡哲男 被虐待児症候群 標準救急医学
3: 365-366
2004 藤川正 卒後研修必修化と救急医療研修 総合臨床
53: 21-23
2004 太田祥一 めまい ERマガジン
1: 25-26
2004 佐々木博一
太田祥一
三島史朗
行岡哲男
広範囲熱傷後急性腎不全 救急医学
11: 1235-1238
2004 本間宙 Gut-origin sepsis and MODS after trauma and hemorrhagic shock
-門脈血経由説からリンパ管経由説へ-
救急・集中治療
1: 117-118
2004 三島史朗 ポリミキシンB固定化ファイバ血液吸着法とテイコプラニンによるMRSA敗血症の治療 救急・集中治療
1: 129
2004 村岡麻樹
行岡哲男
胸腔ドレナージ 救急・集中治療
2: 151-155
2004 関知子 経皮的気管切開術:経咽頭法と鉗子拡張法との、重症患者100人による比較 救急・集中治療
2: 237
2004 三島史朗 アルブミンが増悪する熱傷後腸粘膜障害の、誘導性一酸化窒素合成酵素阻害による回復 救急・集中治療
3: 375
2004 三島史朗 クリティカルケアにおける腸管機能障害と経腸栄養不耐症 救急・集中治療
4: 494
2004 三島史朗 敗血症性ショックの腹腔内臓器血流に対する効果、ドバミン、ノルエピネフリン、エピネフリンのうち、どれが最適か? 救急・集中治療
6: 738
2004 内田康太郎 代謝・栄養管理 救急・集中治療
6: 697-700
2004 大高祐一 熱傷と精神疾患 救急・集中治療 
6: 731-735
2004 三島史朗 外傷患者に対するスーパーノーマル蘇生法は腹部コンパートメント症候群を引き起こす 救急・集中治療
8: 994
2004 三島史朗 急性期の免疫制御を狙う高張ナトリウム輸液 救急・集中治療
8: 979
2004 三島史朗 集中治療室の人工呼吸患者における死亡の予測因子としてのせん妄 救急・集中治療  
10: 1222
2004 三島史朗 プロカルシトニンを指標とした呼吸器感染症の治療 救急・集中治療
11: 1334
2004 藤川正 胸部大動脈の外傷 救急・集中治療
臨時増刊:173-178
▲ページTOPへ戻る
■学術論文3(症例報告)
発表年 発表者氏名
(共同発表含む)
論文題目 発表 誌名
(巻・初頁 〜 終頁)
2004 Koury J
Deitch EA
Homma H
Persistent Hif-1α activation in gut ischemia/reperfusion injury:potential role of bacteria and lipopolysaccharide SHOCK
22: 270-277
2004 Noda M
Mishima S
Ohta S
Yukioka T
Visualisation rfviia's efficacy in trauma patients using mobile angiography SHOCK
21: 150
2004 太田祥一 救急医療における新しい遠隔指導支援システム 茨城県救急医学会雑誌
26・24-26
2004 佐々木博一
太田祥一
須田高之
小池荘介
村岡麻樹
金井尚之
藤川正
行岡哲男
外傷例に対する予防的下大静脈フィルターの有用性 日外傷会誌
18・135-141
▲ページTOPへ戻る
■学術論文4(その他)
発表年 発表者氏名
(共同発表含む)
論文題目 発表 誌名
(巻・初頁 〜 終頁)
2004 行岡哲男 書評「学び」を問いつづけて-授業改革の原点 週刊医学界新聞(7)
2004 行岡哲男 突然の心停止  週刊文春 46: 64
▲ページTOPへ戻る
■著書
発行年 著者名 著書名 分担題名 発行所または出版社
2004 太田祥一 研修医の救急医療研修のための基礎知識 心肺蘇生法 三共 126-148
2004 河井健太郎 消化器治療内視鏡の基本手技 局注療法 金原出版 181-190
2004 藤川正 今日の治療指針2004 胸部大血管損傷 医学書院 42
2004 太田祥一 今日の治療指針2004 電撃傷・雷撃傷 医学書院 29
2004 三島史朗 今日の治療指針2004 溺水 医学書院 27
2004 藤川正 標準治療2004・2005 急性動脈閉塞
リンパ浮腫
リンパ管炎
日本医療企画 237-239 248-253
2004 太田祥一 標準治療2004・2005 心肺停止
ショック
胸部外傷
腹部外傷
日本医療企画 38-42
55-59
2004 三島史朗 標準治療2004・2005 敗血症
多臓器不全
日本医療企画 43-47
2004 佐々木博一 標準治療2004・2005 急性中毒 日本医療企画 62-64
2004 太田祥一 ライダーのための救急マニュアル   荘道社 1-114
2004 行岡哲男 救急ケアマニュアル 救急医学におけるリスクマネジメント 照林社 318-320
▲ページTOPへ戻る
■国際学会
発表年月 発表者氏名
(共同発表含む)
演題名 発表機関
(学会名)
2004.9 Sasaki H
Ohta S
Muraoka M
Fujikawa T
Yukioka T
Clinical research on decreasing bodt temperature in stress : Response of in the acute phase 63th American Association for the Surgery of Trauma & Japanese Association for Acute Medicine
2004.9 Morozumi J
Mishima S
Ohta S
Yukioka T
The role of edaravone on the inpairment of endothelial barrier function induced by acute oxidative stress in cultured human umbilical vein endothelial cells monolayer 63th American Association for the Surgery of Trauma & Japanese Association for Acute Medicine
2004.8 Mukojima K
Mishima S
Yukioka T
Permeability change of endothelial monolayer against acute oxidative stress 12th Congress of the International Society for Burn Injuries
2004.3 Noda M
Mishima S
Ohta S
Yukioka T
Visualisation rfviia's efficacy in trauma patients using mobile angiography 6th World Congress on Trauma、Shock、inflammation and Sepsis
2004.3 Arai T
Mishima S
Ohta S
Noda M
Takahashi M
Protective effect of free radical scavenger edaravone against xanthine oxidase-mediated permeability increase in human epithelial cell monolayer 36th Annual Meeting of the American Burn Association
▲ページTOPへ戻る
■国内学会
発表年月 発表者氏名
(共同発表含む)
演題名 発表機関
(学会名)
2004.11 野田真理子 他 重症外傷治療におけるrFVllaの有効性 第27回日本血栓止血学会学術集会
2004.10 佐々木博一 他 小児電話医療相談の現況と展望 第32回日本救急医学会
2004.10 本間宙 他 当院における乗馬外傷の検討 第32回日本救急医学会
2004.10 野田真理子 他 骨盤骨折の動脈性出血に対する遺伝子組み換え活性型第Vll因子(rFVlla)の効果 第32回日本救急医学会
2004.10 鈴木香里 他 くも膜下出血を発症したDown症候群の2例 第32回日本救急医学会
2004.6 東彦弘 他 急性期の高血糖が参加ストレスに対する内皮細胞障害に及ぼす影響 第30回日本熱傷学会
2004.6 諸角純也 他 日本における熱傷・凍傷についての電話医療相談の現状 第30回日本熱傷学会
2004.5 藤川正 他 ステントグラフト内挿術は外傷性胸部大動脈損傷の標準的治療になり得るか 第7回日本臨床救急医学会
2004.5 藤川正 他 外傷性胸部大動脈損傷の治療戦略 第18回日本外傷学会
2004.5 新井隆男 外傷性SAHに脳梗塞を合併した一例 第18回日本外傷学会
▲ページTOPへ戻る
  研究・業績TOPページへ  





サイトマップお問い合わせサイトポリシー個人情報保護基本方針について
【メールでの診療に関するお問い合わせにはお答えできません。】
Copyright (c) Tokyo Medical University all right reserved.