東京医科大学 救急医学イメージ
HOMEEnglish here
救急医学のご案内
 救急医学の歩み
 主任教授挨拶
 研究・業績
 スタッフ紹介
 救命救急センター探索

診療のご案内
救急医を志す方へ
救急医の道
後期研修医・スタッフ募集
研修プログラム概要
研修医の皆さんへのメッセージ

救急医学の活動
 マスメディア情報
イベントレポート
救急医学からのお知らせ
最新情報バックナンバー

スタッフ通信
主任教授の独り言
救急医の花道
抄読会記録
三島のお蔵
八王子の扉


後期研修医募集 災害医療 東京医科大学 救急医学講座facebook 三島のお蔵facebook


研究・業績

■学術論文1(原著)
発表年 発表者氏名
(共同発表含む)
論文題目 発表 誌名
(巻・初頁 〜 終頁)
2002 Goto H
Ohta S
Yamaguchi Y
Yukioka T
Matsuda H
Shimazaki S
Prospective evaluation of hemoclip application with injection of epinephrine in hypertonic saline solution for hemostasis in unstable patients with shock caused be upper GI bleeding Gastrointestinal Endoscopy
56(1):78-82
▲ページTOPへ戻る
■学術論文2(総説)
発表年 発表者氏名
(共同発表含む)
論文題目 発表 誌名
(巻・初頁 〜 終頁)
2002 行岡哲男
村岡麻樹
金井尚之
腹部コンパートメント症候群の病態生理とそれを回避するための腹壁再建 日本外科学会誌
103:529-535
2002 小池荘介 鈍的動脈損傷の治療における血管内ステントの有効性 救急・集中治療
14: 657
2002 野田真理子
太田祥一
柳田国夫
村岡麻樹
須田高之
小池荘介
行岡哲男
脾・腎損傷 救急・集中治療
14: 1273-1282
2002 太田祥一
行岡哲男
他2名
心電図演習 低体温 脳血管障害など 救急医学
26(10):1246-1252
2002 太田祥一
川原千香子
心肺蘇生法 看護技術
48(6): 11-16
2002 太田祥一
川原千香子
行岡哲男
他3名
救急看護の連携と協働の成果に向けての「守破離」 Emergency Nursing 15(4):28-29
2002 藤川正
佐々木博一
金井尚之
三島史朗
佐々木博一
村岡麻樹
行岡哲男
胸部・腹部外傷の重傷度分類と分類による治療戦略 小児外科34(10):1216-1221
2002 三島史朗 熱傷急性期のアルブミン製剤使用は是か非か 投薬時期を考慮すべき Medical Tribune355(28):19
2002 池田裕介
小池荘介
行岡哲男
頭部外傷 看護のための最新医学講座
25: 212-222
2002 金井尚之
村岡麻樹
行岡哲男
腹部コンパートメント症候群回避のための回復法 消化器外科
25:1585-1588
2002 佐々木博一
太田祥一
落水 もしもの時の救急処置 ボーティーフィールド 8(2):33
2002 太田祥一 心肺蘇生法のABC コーチングクリニック
16(1):28-30
2002 太田祥一 人工呼吸と心臓マッサージの組み合わせ コーチングクリニック
16(2):28-29
2002 太田祥一 心肺蘇生法、全体の流れ コーチングクリニック
16(3):28-29
2002 太田祥一 インフルエンザ コーチングクリニック
16(4):28-29
2002 太田祥一 熱傷(やけど) コーチングクリニック
16(5):28-29
2002 太田祥一 急性中毒[1] コーチングクリニック
16(6):28-29
2002 太田祥一 急性中毒[2] コーチングクリニック
16(7):28-29
2002 太田祥一 運動誘発性アナフィラキシー コーチングクリニック
16(8):28-29
2002 太田祥一 内因性疾患[1] コーチングクリニック
16(9):28-29
2002 太田祥一 内因性疾患[2] コーチングクリニック
16(11):28-29
2002 太田祥一 顔面外傷[1] コーチングクリニック
16(12):28-29
2002 小池大介
行岡哲男
急性アルコール中毒 総合臨床
51: 745-747
▲ページTOPへ戻る
■学術論文3(症例報告)
発表年 発表者氏名
(共同発表含む)
論文題目 発表 誌名
(巻・初頁 〜 終頁)
2002 Homma H
Yukioka T
Ishimaru S
Fujikawa T
Sasaki H
Igarashi I
Koike S
Ishikawa M
Kawaguchi S
Two-Year Follow-Up after multiple injuries treated with endovascular stent-grafting of aorta and transcatheter arterial embolization of spleen: Minimali invasive surgery for an elderly patient Journal of Trauma
52(2):382-386
▲ページTOPへ戻る
■学術論文4(その他)
発表年 発表者氏名
(共同発表含む)
論文題目 発表 誌名
(巻・初頁 〜 終頁)
2002 行岡哲男 実地医に求められる救急処置 蕨・戸田医師会報117:25-26
2002 行岡哲男 大学病院 救命救急センターリニューアル 東京医科大学学報416: 8
2002 太田祥一 ワクチン接種が効果あり 自家用車新聞
1288:3
2002 太田祥一 濡れた衣服と風邪が増幅 自家用車新聞
1289:3
2002 太田祥一 ゆっくりと復温させる 自家用車新聞
1291:3
2002 太田祥一 量もペースも控え目に 自家用車新聞
1292:3
2002 太田祥一 やけどの程度と治療法 自家用車新聞
1293:3
2002 太田祥一 冷やした後水分補給を 自家用車新聞
1294:3
2002 太田祥一 まず、誤飲物質の確認を 自家用車新聞
1295:3
2002 太田祥一 応急処置の知識 アレルギー疾患その2 自家用車新聞
1298:3
2002 太田祥一 運動制限で再発防止を 自家用車新聞
1299:3
2002 太田祥一 予防と日頃の管理が大切 自家用車新聞
1300:3
2002 太田祥一 脳梗塞の前ぶれに注意 自家用車新聞
1301:3
2002 太田祥一 「頭痛」「嘔吐」が初期症状 自家用車新聞
1302:3
2002 太田祥一 胸の痛みが危険サイン 自家用車新聞
1304:3
2002 太田祥一 胸痛以外にもある予兆 自家用車新聞
1305:3
2002 太田祥一 塩分の摂りすぎに注意 自家用車新聞
1306:3
2002 太田祥一 胸以外の痛みにも要注意 自家用車新聞
1307:3
2002 太田祥一 頭や九部の合併症に要注意 自家用車新聞
1309:3
2002 太田祥一 眼の外傷による合併症 自家用車新聞
1310:3
2002 太田祥一 抜けた歯は牛乳で保存を 自家用車新聞
1311:3
2002 太田祥一 外傷後は聴力検査を 自家用車新聞
1312:3
2002 太田祥一 119番前に心肺蘇生法を 自家用車新聞
1314:3
2002 太田祥一 まずは気道異物を確認 自家用車新聞
1315:3
2002 小池大介
藤川正
川原千香子
他4名
下半身切断術で救命しえた開放性骨盤骨折・右大腿骨骨折・背部デグロービング損傷の1例 東医大誌
60:320-331 
▲ページTOPへ戻る
■著書
発行年 著者名 著書名 分担題名 発行所または出版社
2002 太田祥一 救急研修標準テキスト スポーツ外傷、外傷後の感染 医学書院 733-740
2002 太田祥一
行岡哲男
研修医の救急医療研修のための基礎知識 心肺蘇生法 三共 124-142
2002 太田祥一 今日の治療指針2003 横隔膜破裂 医学書院 44-45
2002 佐々木博一 今日の診断指針 シアン中毒 医学書院 1298-1299
2002 太田祥一 標準治療 2002・2003 急性中毒 日本医療企画 96-98
▲ページTOPへ戻る
■国際学会
発表年月 発表者氏名
(共同発表含む)
演題名 発表機関
(学会名)
2002.8 Yukioka T Disaster planning: International prespection; Shinjuku building fire in Tokyo 11th Quadrennial Congress of the International Society for Burn Injuries  
2002.8 Kawai K Critical Care: International Approaches 11th Quadrennial Congress of the International Society for Burn Injuries  
▲ページTOPへ戻る
■国内学会
発表年月 発表者氏名
(共同発表含む)
演題名 発表機関
(学会名)
2002.12 行岡哲男 自殺をめぐる諸問題 -救急医療の立場から 第8回日本臨床死生学会
2002.10 行岡哲男 救急医療における医療事故-予防と対策- 第30回日本救急医学会
2002.10 太田祥一 他 Head Mounted display (HMD) Gesture view システムを用いた遠隔指示・支援システムの検討 第30回日本救急医学会
2002.10 藤川正 他 胸部大動脈損傷を伴った重症多発外傷に対する治療戦略
-新しいER室の展望-
第30回日本救急医学会
2002.10 三島史朗 他 腸管虚血後の肺障害とnitric oxide (NO)産生の関係 第30回日本救急医学会
2002.10 佐々木博一 他 予防的下大静脈フィルターを挿入した外傷症例の検討 第30回日本救急医学会
2002.10 神山知子 他 当救命救急センターにおける包括的薬物スクリーニング 第30回日本救急医学会
2002.10 河井健太郎 他 来院時心肺停止患者の搬送時間と体温の関係 第30回日本救急医学会
2002.10 高草木宏之 他 投身自殺患者の外傷と頭部外傷との関係 第30回日本救急医学会
2002.7 三島史朗 他 HIE細胞を用いた腸管上皮単層膜の構築と大腸菌のtranslocationの検討
Gut translocation mdel using normal human small interstinal epithelial monolayer.
第39回日本外科代謝栄養学会
2002.7 佐々木博一 他 中毒症例搬送における救急隊観察情報の異議 第24回日本中毒学会
2002.6 河井健太郎 他 小児・高齢者救急症例に対する3次救急医療施設の役割 第25回日本プライマリ・ケア学会
2002.6 三島史朗 他 熱傷急性期におけるコロイド使用に関する文献的考察 第28回日本熱傷学会
2002.5 小池大介 他 下半身切断術は外傷外科の手術術式として意義があるか? 第16回日本外傷学会
2002.5 藤川正 他 外傷性血管損傷の治療戦略 第30回日本血管外科学会
2002.4 藤川正 他 外傷性胸部大動脈損傷に対する 低侵襲性治療 -ステントグラフト内挿術の応用- 第103回日本外科学会
2002.4 行岡哲男 覚知から現場までの問題 第5回日本臨床救急医学会
2002.4 太田祥一 他 覚知からのメディカルコントロール 第5回日本臨床救急医学会
2002.4 大高祐一 他 後天性第8因子インヒビターにより小外科手術後に出血性ショックとなった1例 第5回日本臨床救急医学会
2002.4 金井尚之 他 プレホスピタルレコードからみた特定行為の実施 第5回日本臨床救急医学会
2002.4 川原千香子 他 救急看護経験による情報に対する対応の違い 第5回日本臨床救急医学会
2002.4 川上恭平 他 ジェスチャーレーザーを用いた遠隔指示・支援システムの有効性の検討 第5回日本臨床救急医学会
2002.3 金井尚之 他 突発性食道破裂における術中内視鏡の有用性 第38回日本腹部救急医学会
▲ページTOPへ戻る
  研究・業績TOPページへ  





サイトマップお問い合わせサイトポリシー個人情報保護基本方針について
【メールでの診療に関するお問い合わせにはお答えできません。】
Copyright (c) Tokyo Medical University all right reserved.