東京医科大学 救急医学イメージ
HOMEEnglish here
救急医学のご案内
 救急医学の歩み
 主任教授挨拶
 研究・業績
 スタッフ紹介
 救命救急センター探索

診療のご案内
救急医を志す方へ
救急医の道
後期研修医・スタッフ募集
研修プログラム概要
研修医の皆さんへのメッセージ

救急医学の活動
 マスメディア情報
イベントレポート
救急医学からのお知らせ
最新情報バックナンバー

スタッフ通信
主任教授の独り言
救急医の花道
抄読会記録
三島のお蔵
八王子の扉


後期研修医募集 災害医療 東京医科大学 救急医学講座facebook 三島のお蔵facebook


研究・業績

■学術論文2(総説)
発表年 発表者氏名
(共同発表含む)
論文題目 発表 誌名
(巻・初頁 〜 終頁)
2000 太田祥一
行岡哲男
他4名
Head Mounted Display (HMD)によるShared-View System を用いた遠隔指示・支援システムの検討 日救急医会誌
11:1-7
2000 太田祥一
行岡哲男
他5名
海洋スポーツ競技会における救護体制と救急医の役割 日救急医会誌
11:111-117
2000 根本学
野田真理子
太田祥一
行岡哲男
他3名
半自動式除細動装置使用における基礎的研究 日救急医会誌
11:363-364
2000 行岡哲男 ショック時のステロイド注射 ドクターサロン
44(7):21-25
2000 行岡哲男 医療世界を訪れる人達 Emergency Nursing
13(3):巻頭
2000 行岡哲男 医局紹介 既存の枠にとらわれない救急医学を追求 Doctor's Magazine
8:32
2000 萩原章嘉
太田祥一
他1名
多発外傷に対する画像診断 消化器外科
123:1467-1472
2000 小池荘介 コンパートメントの指標 救急医学
24:471
2000 太田祥一
行岡哲男
コンピューターを用いた救急医学教育 救急医学
25:91-96
2000 村岡麻樹
行岡哲男
汚染創の洗浄,デブリードマン 救急医学
24:1448-1453
2000 太田祥一 スポーツ競技会における救急態勢の必要性とその運営の仕方 コーチングクリニック
14(2):6-9
2000 太田祥一
他1名
心肺蘇生法の重要性 コーチングクリニック
14(4):56-57
2000 太田祥一
他1名
観察の方法と実際 コーチングクリニック
14(5):56-57
2000 太田祥一 口腔内異物の確認と除去及び心肺蘇生法について コーチングクリニック
14(6):62-63
2000 太田祥一 心肺蘇生法の気道確保と人工呼吸法 コーチングクリニック
14(7):56-57
2000 太田祥一 脈拍の観察と心臓マッサージ コーチングクリニック
14(8):58-59
2000 太田祥一 人工呼吸と心臓マッサージとの組み合わせ コーチングクリニック
14(9):56-57
2000 太田祥一 臓器別の外傷の特徴-頭部外傷[1]- コーチングクリニック
14(10):58-59
2000 太田祥一 臓器別の外傷の特徴-頭部外傷[2]- コーチングクリニック
14(11):62-63
2000 太田祥一 臓器別の外傷の特徴-胸部外傷- コーチングクリニック
14(12):56-58
2000 小池荘介 心不全の外科 レジデントノート
2:66-70
▲ページTOPへ戻る
■学術論文3(症例報告)
発表年 発表者氏名
(共同発表含む)
論文題目 発表 誌名
(巻・初頁 〜 終頁)
2000 小池荘介 プレホスピタル・ケアでの事故防止対策 茨城県救急医学会雑誌
24:32-34
2000 小池荘介
金井尚之
村岡麻樹
藤川正
萩原章嘉
行岡哲男
他2名
緊急手術を要した消化管異物の1例 日救急医関東会誌
21:162-163
▲ページTOPへ戻る
■学術論文4(その他)
発表年 発表者氏名
(共同発表含む)
論文題目 発表 誌名
(巻・初頁 〜 終頁)
2000 太田祥一
神山知子
行岡哲男
OSCEなんてこわくない
第9回心肺蘇生法(CRP)
週刊医学界新聞
2415:4-5
2000 行岡哲男 重症救急症例の代謝・栄養管理-ケトン体による腸管へのエネルギー基質補給の重要性 東医大誌
58:579-586
2000 太田祥一
神山知子
けがでも観察が重要 自家用車新聞
1229:3
2000 太田祥一
神山知子
傷に種類とその特徴 自家用車新聞
1230:3
2000 太田祥一
神山知子
骨折と脱きゅう 自家用車新聞
1231:3
2000 太田祥一
神山知子
不用意に動かさず観察 自家用車新聞
1232:3
2000 太田祥一
神山知子
固定してから病院へ 自家用車新聞
1234:3
2000 太田祥一
神山知子
固定してから病院へ 自家用車新聞
1235:3
2000 太田祥一
神山知子
さまざまに使える三角巾 自家用車新聞
1237:3
2000 太田祥一
神山知子
外傷と身体のメカニズム 自家用車新聞
1239:3
2000 太田祥一
神山知子
衝突後の身体の動きとけが 自家用車新聞
1240:3
2000 太田祥一
神山知子
自動車事故の外傷 自家用車新聞
1241:3
2000 太田祥一
神山知子
自動車事故の外傷(その2) 自家用車新聞
1242:3
2000 太田祥一
神山知子
二輪車事故の損傷 自家用車新聞
1243:3
2000 太田祥一
神山知子
まず、救急車を呼ぶ 自家用車新聞
1244:3
2000 太田祥一
神山知子
まず、救急車を呼ぶ 自家用車新聞
1245:3
2000 太田祥一
神山知子
ヘルメットの脱がせ方 自家用車新聞
1246:3
2000 太田祥一
神山知子
頭部外傷の特徴 自家用車新聞
1247:3
2000 太田祥一
神山知子
頭部外傷の種類と特徴 自家用車新聞
1248:3
2000 太田祥一
神山知子
頭部外傷の症状と特徴 自家用車新聞
1249:3
2000 太田祥一
神山知子
頭部外傷の症状と特徴 自家用車新聞
1250:3
2000 太田祥一
神山知子
十分な経過観察が大切 自家用車新聞
1251:3
2000 太田祥一
神山知子
とにかく迅速な対応を 自家用車新聞
1252:3
2000 太田祥一
神山知子
素人判断せず医療機関へ 自家用車新聞
1253:3
2000 太田祥一
神山知子
体表面の傷で判断しない 自家用車新聞
1254:3
2000 太田祥一 受傷後は必ず医療機関へ 自家用車新聞
1255:3
2000 太田祥一 脊髄のけがの特徴 自家用車新聞
1256:3
2000 太田祥一 脊髄損傷時の症状 自家用車新聞
1257:3
2000 太田祥一 乳幼児の心肺蘇生 都幼教
27:40-41
▲ページTOPへ戻る
■著書
発行年 著者名 著書名 分担題名 発行所または出版社
2000 根本学
行岡哲男
経静脈治療 オーダーマニュアル 外傷性ショック 大塚製薬工場 64-68
2000 太田祥一 アウトドアライフ救急マニュアル   荘道社 1-152
2000 佐々木博一
行岡哲男
Emergency Bible
-救急診療のすべて-
循環器用薬 メディカルレビュー社 266-267
2000 太田祥一 高齢者介護救急マニュアル-いざというときに役に立つ救急の知識-   荘道社 1-152
2000 太田祥一
行岡哲男
セキュリティ 広域災害時に於ける遠隔地よりの救助 セキュリティーワールド 56-58
2000 太田祥一 救急救命処置法 診断・治療に役立つ現場情報 東京法令出版 36
2000 太田祥一 救急救命処置法 よきサマリア人 東京法令出版 102
2000 太田祥一 救急救命処置法 ウツタイン様式 東京法令出版 129
2000 太田祥一 救急救命処置法 外傷に対する非手術的治療(IVR) 東京法令出版 162
2000 太田祥一 救急救命処置法 和歌山カレー事件 東京法令出版 162
2000 太田祥一 救急救命処置法 在宅医療と救急医療 東京法令出版 185
2000 太田祥一 救急救命処置法 リビングウイル 東京法令出版 186
2000 太田祥一 救急救命処置法 被虐待児症候群 東京法令出版 205
2000 藤川正 今日の治療指針2000 胸腔穿刺法と胸腔ドレナージ法 医学書院 84
2000 小池荘介 標準集中治療学 腹部外傷 真興交易図書出版 323-325
2000 小池荘介
金井尚之
Emergency Bible 異物 メディカルレビュー社 252-253
▲ページTOPへ戻る
■学術刊行物
発表年 発表者氏名
(共同発表含む)
論文題目 発表 誌名
(巻・初頁 〜 終頁)
2000 太田祥一
他1名
マリンスポーツで事故に遭遇したら! MARIN SPORTS MARIS SPRING
2000 11
▲ページTOPへ戻る
■国際学会
発表年月 発表者氏名
(共同発表含む)
演題名 発表機関
(学会名)
2000.4 Yukioka T Fluid distribution in burn patient 3rd Asian-Pacific Burns Confererce
2000.3 Yukioka T Emergency surgery abdominal and acute abdomen Surgical Society of gastroenterology
▲ページTOPへ戻る
■国内学会
発表年月 発表者氏名
(共同発表含む)
演題名 発表機関
(学会名)
2000.11 行岡哲男 abdominal compartment syndromeの病態と治療 第28回日本救急医学会
2000.11 藤川正 他 急性大動脈解離の診断と治療について
-主にタンポナーデを伴ったA型解離を中心に-
第28回日本救急医学会
2000.11 佐々木博一 他 ショックに伴い深部体温はどの程度降下するか?
-CPA症例との検討-
第28回日本救急医学会
2000.11 本間宙 他 CPK上昇の病態
-ATlll・Myoglobin・Nox・TATとの関係について-
第28回日本救急医学会
2000.11 金井尚之 他 当センターにおける気道管理 初療時気道確保と呼吸管理時の気道確保 第28回日本救急医学会
2000.11 村岡麻樹 他 救急輪状甲状靱帯切開の検討:合併症とその対策を中心として 第28回日本救急医学会
2000.11 須田高之 他 当院における救急医療の推移(過去11年の統計)と茨城県南部の救急医療体制の推移 第28回日本救急医学会
2000.9 本間宙 他 Endovascular SurgeryはDamage Control Techniqueの一部になり得るか? 第35回日本腹部救急医学会
2000.9 金井尚之 他 上部消化管出血における内視鏡的治療の適応と限界 第35回日本腹部救急医学会
2000.7 佐々木博一 他 急性クロロキシン中毒の2例 第27回日本中毒学会
2000.6 佐々木博一 他 下大静脈フィルターを挿入した外傷症例4例の検討 第20回日本静脈学会
2000.6 行岡哲男 災害・熱傷・Disastar planing
(ISBI災害対策委員会の考え方)
第26回日本熱傷学会
2000.4 行岡哲男 骨盤骨折によるAbdominal Compartment Syndrome(ACS) 第73回日本整形外科学会
2000.4 太田祥一 他 病院前救護を遠隔支援するマルチメディア
〜Head Mounted Display (HMD)によるShared View System〜
第3回日本臨床救急医学会
2000.4 野田真理子 他 TAE施行後にBilomaを形成した重症肝損傷の検討 第3回日本臨床救急医学会
2000.4 本間宙 他 肝動脈を含めた塞栓術が秦効した出血性十二指腸潰瘍の1例 第3回日本臨床救急医学会
2000.3 太田祥一 他 集中治療中の上部消化管出血性直腸潰瘍の2例 第27回日本集中治療医学会
2000.3 太田祥一 他 集中治療中の上部消化管出血に対する内視鏡的クリップ止血法 第27回日本集中治療医学会
2000.3 金井尚之 他 上部消化管出血死亡症例の検討 第34回日本腹部救急医学会
2000.3 藤川正 他 外傷性腹壁ヘルニアの一例 第34回日本腹部救急医学会
2000.3 太田祥一 他 重症上部消化管出血に対する内視鏡的クリップ+HSE併用療法 第34回日本腹部救急医学会
2000.3 野田真理子 他 TAEを施行後PSEUDOANEURYSMを形成したlllb型管損傷の検討 第34回日本腹部救急医学会
▲ページTOPへ戻る
  研究・業績TOPページへ  





サイトマップお問い合わせサイトポリシー個人情報保護基本方針について
【メールでの診療に関するお問い合わせにはお答えできません。】
Copyright (c) Tokyo Medical University all right reserved.