東京医科大学 救急医学イメージ
HOMEEnglish here
救急医学のご案内
 救急医学の歩み
 主任教授挨拶
 研究・業績
 スタッフ紹介
 救命救急センター探索

診療のご案内
救急医を志す方へ
救急医の道
後期研修医・スタッフ募集
研修プログラム概要
研修医の皆さんへのメッセージ

救急医学の活動
 マスメディア情報
イベントレポート
救急医学からのお知らせ
最新情報バックナンバー

スタッフ通信
主任教授の独り言
救急医の花道
抄読会記録
三島のお蔵
八王子の扉


後期研修医募集 災害医療 東京医科大学 救急医学講座facebook 三島のお蔵facebook


研修医の皆さんへのメッセージ

東京医科大学病院救命救急センターからのメッセージ

 東京医科大学病院救命救急センターは東京医科大学救急・災害医学のスタッフにより運営されています。
繁華街の新宿区、渋谷区から、住宅地の中野区、杉並区等をカバーしているため、様々な3次重症救急病態が搬送されてきます。都内でももっとも重症救急搬送が多い救命救急センターの一つです。全国でも有数の大都市型3次重症救急医療機関です。そのため、重症救急病態の初期評価・治療から、重症集中治療管理が研修できます。

東京医科大学八王子医療センター救命救急センターからのメッセージ

 東京医科大学八王子医療センター救命救急センターは東京医科大学救急・災害医学のスタッフにより運営されています。人口15万人の八王子市を広くカバーしており、新宿と同様、24時間3次救急対応の救急を主に行なっていますが、これだけではなく、平日日勤帯は救急車対応を中心に2次救急にも、さらに夜間帯や休日は入院患者の重症化にも対応しています。このために、とても幅広い救急疾患・外傷等の病態について研修ができます。適宜、一般病棟での管理や外来フォロー等も行なっていますので、救急診療後も、場合によっては治癒まで、経過を診ることができます。
 このため、総合診療、ジェネラリストを目指して研修したい人にも最適です。他ER専門施設からの兼任講師の指導も直接受けることができます。後期研修ならびに入局の詳細は「救急医を志す方へ」ページをご覧ください。
 また、八王子では他医療機関と密接に連携することによって、地域全体で完結する救急も視野に入れています。つまり、救命救急センターでは、早期に全身を評価し病態を安定させ、その後は院内各科、あるいは、その状況に応じた医療機関への早期転院等も含めて、地域としての救急システムの構築のために救命救急センターが中心的に果たすべき任務に取り組むことによって、今後わが国の医療に欠かせない、連携についても幅広く経験することができます。
 東京医科大学八王子医療センター救命救急センターのスタッフ通信「八王子の扉」はこちらをご覧ください

救急医学からのメッセージ

 このような豊富な症例から、将来何かに進むにしても必ず役に立つ、数多くの臨床経験を積むとともに、大学病院ならではの臨床研究、基礎研究を通じて、臨床医としてより深い洞察力を養い、さらに、それらの成果を論文作成することを通じて、クリエイティブなものの考え方、仕事の仕方を身につけ、これからの時代の多様なニーズに応えられる幅の広い救急医を目指します。さらに、希望に応じて、学位取得、留学の道もあります。学位取得はいまや興味がないという先生も多いのですが、一度は正しく勉強したという証だと考えられています。大学でしか取得できない折角の機会を有効に活用できるように多くの研修医に勧めています。

 昨今、JATEC、ICLS等ガイドラインに基づいた救急標準教育が盛んに行なわれています。これらについては研修早期に受講してプロバイダーとして臨床で実践するとともに、インストラクターになって、院内だけでなく、地域に広く啓発していくことを勧めています。これは自己の能力アップに繋がるだけでなく、地域での人脈形成にも効果的です。また、DMATとしても活躍できるように期待しています。
他にも救急医ならではのいろいろな仕事があります。
臨床では、2次救急病院や一般医療機関で診療だけでなく、在宅医療、健診などがありますし、臨床以外にも、救急電話相談、プレホスピタルケア教育や救急隊指導医などに代表されるメディカルコントロール関連、論文作成や学会発表などから各種原稿執筆、医療従事者やその学生だけでなく地域や一般市民への救急教育まで、非常に盛りだくさんです。
特に我々大学病院の救急医は高い診療レベルを維持するのは当然のこととして、さらに高度先端救急医療を開発、普及教育することが使命です。そのために多くのかつ視野の広い仕事をしています。さらに、これらの成果を国内だけでなく海外にも広く発信していくことが必要ですし、その楽しみ、収穫もとても大きく充実できます。
このような幅広い専門性、可能性に誇りが持てる仲間を募集しています。





サイトマップお問い合わせサイトポリシー個人情報保護基本方針について
【メールでの診療に関するお問い合わせにはお答えできません。】
Copyright (c) Tokyo Medical University all right reserved.