東京医科大学 救急医学イメージ
HOMEEnglish here
救急医学のご案内
 救急医学の歩み
 主任教授挨拶
 研究・業績
 スタッフ紹介
 救命救急センター探索

診療のご案内
救急医を志す方へ
救急医の道
後期研修医・スタッフ募集
研修プログラム概要
研修医の皆さんへのメッセージ

救急医学の活動
 マスメディア情報
イベントレポート
救急医学からのお知らせ
最新情報バックナンバー

スタッフ通信
主任教授の独り言
救急医の花道
抄読会記録
三島のお蔵
八王子の扉


後期研修医募集 災害医療 東京医科大学 救急医学講座facebook 三島のお蔵facebook


研修プログラム概要

 東京医科大学救急・災害医学では、救急医療を志している方に対して、各自のニーズに応じた多様性を確保した研修を提供したいと考えております。
救急・災害医学では、各自の希望に応じた様々な研修スタイルを可能としています。研修プログラムの概要はこちら(PDF)をご覧ください。

後期研修について

様々なニーズにあった後期研修プログラムを用意 イメージ
 救急・災害医学では、各自の希望に応じた多様性のある研修を確保することを最大の特徴としています。今まで多く聞かれた研修医の希望に応じて以下の基本コースを設けています。
研修先は、東京医科大学病院救命救急センター(大都市重症型)、八王子医療センター救命救急センター(ER 型併用)での研修が中心です(期間は1年が基本です。)本人の希望を最大限叶えるために詳細な研修内容・期間は相談の上で決定します。

研修コース 詳細(PDF)
1.日本救急医学会承認プログラム
日本救急医学会救急科専門医取得を第一に目指すコースです。
コース詳細
2-1.1+サブスペシャリティー取得コース
日本救急医学会救急科専門医取得 + Subspecialtyの研修で他科の専門医の取得も目指すコースです。
コース詳細
2-2.1+学位取得コース
日本救急医学会救急科専門医取得と共に、基礎研究または臨床研究で学位の取得を目指します。希望によっては大学院・海外留学の道もあります。
コース詳細
2-3.1+救急外科医(Acute Care Surgeon)養成コース
多臓器の基本的手技を身につけた救急総合外科医(Acute Care Surgeon)の養成を目的としたコースです。
コース詳細
3.その他
コース詳細
研修について

各自の希望を第一に、救急医学と連携した研修 イメージ
 東京医科大学救急・災害医学スタッフが今まで行なってきた研修は、外科系、内科系、その他、精神神経科、皮膚科と非常に幅広く、各自の興味や希望を第一に、さらに救急医学、救急医療との有機的な接点と密接に関連させながら進めています。このように希望に応じた幅広いサブスペシャルティーの研修をしていますが、これも外科等の年単位の出張研修から週半日からの自施設での研修もあります。
国内留学、海外留学も可能です。詳細はスタッフ紹介をご覧ください。

研修内容
■救命救急センター
新宿で重症救急対応の基本を研修し、八王子ではこれをもとにさらに応用して、2次救急やERを研修します。院外から兼任講師を指導者として招いており、広範囲にわたる専門的研修が可能です。
■関連各科のローテーション
内視鏡検査・超音波検査・血管造影検査や画像診断等の研修を週半日程度、または数ヶ月単位の希望関連各科へローテーションすることで、より専門的な技術、他分野の知識やスキルが習得できます。他科ローテーション中も救命救急センターでの業務を続けることで、救急医としてのスキルダウンを防ぎ、いち早く救急科専門医を目指します。
■関連施設ローテーション
救急は他科と異なり、地域や施設によりその内容に特徴があります。救急医学と密接に連携している救急施設での研修で、幅広い、総合的な救急医の育成を目指します。
■Subspecialty のための専門研修
希望に応じて、関連各科(外科、脳神経外科、内科、循環器科、消化器科、内視鏡科、放射線科、精神科等)で研修し、サブスペシャルティーを身につけ、その領域の専門医取得も目指します。現在も、救急・災害医学では外科学会認定医、内科学会認定内科専門医、精神保健指定医、消化器内視鏡学会専門医、プライマリケア学会指導医、抗加齢医学会専門医等々多くの他科専門医が活躍しています。
■標準化コース
全国で行われている学会認定等の以下の蘇生や外傷のコース受講、インストラクターとしての活動を推奨しています
・ACLS(Advanced Cardiovascular Life Support)
・ICLS(Immediate Cardiac Life Support、ACLS基礎コース)
・JPTEC(Japan Prehospital Trauma Evaluation and Care)
・JATEC(Japan Advanced Trauma Evaluation and Care)
・FCCS(Fundamental Critical Care Support)
・ABLS(Advanced Burn Life Support)
・中毒標準治療セミナー、他
■ジェネラリスト・救急医の育成教育
ジェネラリスト・救急医としての能力を育成するため以下の業務も経験できます。
一般外来診療、在宅訪問医療、救急救命士他コメディカル卒前・卒後教育、救急隊指導医、救急電話相談、院外救護室運営、他
■災害支援:日本・東京DMAT(Disaster Medical Assistance Team)指定施設
新宿、八王子とも地域災害拠点病院で、日本/東京DMAT指定施設です。東京都地域災害医療コーディネーターも任用されています。
八王子医療センターはヘリポートを備え、東京都のドクターヘリ協力病院にもなっており、災害時には多くが期待されています。医師として最低限必要な災害医療・医学の基本が身につき、将来的にも大きく役立ちます。
※外科系:一般外科、消化器外科、外傷外科、心臓血管外科、整形外科、形成外科、麻酔科など
※内科系:総合診療、放射線診断・IVR、消化器内科・消化器内視鏡、循環器内科・心臓超音波、呼吸器内科、循環器内科

臨床研究

学会ならびに論文発表も内外を問わず積極的に行っています
 臨床医として幅が広がり深く追求できる、基礎ならびに臨床研究を行なっています。 関連教室、研究機関との研究も可能です。興味のあるテーマで、データ収集・解析等の研究の基本を身につけることによって、学位取得はもとより、さらに総合的な臨床医を目指します。学会ならびに論文発表は内外を問わず積極的に行っています。

主要学会
日本救急医学会
日本臨床救急医学会
日本外傷学会
日本熱傷学会
日本内科学会
日本外科学会
日本集中治療医学会
日本集団災害医学会
日本中毒学会
日本腹部救急医学会
日本プライマリケア学会
アメリカ外傷外科学会
アメリカ熱傷学会

後期研修医・スタッフ募集に関するお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
03-3342-6111
PHS 63801(藤本)
FAXでのお問い合わせ
03-3342-5687
(連絡先を明記ください)
E-mailでのお問い合わせ
kyukyu@tokyo-med.ac.jp
(連絡先を明記ください)
※上記の連絡先は後期研修医・スタッフ募集に関する問い合わせのみ受け付けております。診療に関するお問い合わせにはお答えできません。





サイトマップお問い合わせサイトポリシー個人情報保護基本方針について
【メールでの診療に関するお問い合わせにはお答えできません。】
Copyright (c) Tokyo Medical University all right reserved.