東京医科大学 救急医学イメージ
HOMEEnglish here
救急医学のご案内
 救急医学の歩み
 主任教授挨拶
 研究・業績
 スタッフ紹介
 救命救急センター探索

診療のご案内
救急医を志す方へ
救急医の道
後期研修医・スタッフ募集
研修プログラム概要
研修医の皆さんへのメッセージ

救急医学の活動
 マスメディア情報
イベントレポート
救急医学からのお知らせ
最新情報バックナンバー

スタッフ通信
主任教授の独り言
救急医の花道
抄読会記録
三島のお蔵
八王子の扉


後期研修医募集 災害医療 東京医科大学 救急医学講座facebook 三島のお蔵facebook


イベントレポート

東京外傷セミナー(JPTEC)が新宿と八王子で開催されました

イメージ平成22年2月14日(日)に東京医科大学病院で、3月7日(日)に八王子医療センターで東京外傷セミナーが開催されました。

このセミナーはJPTEC(Japan Prehospital Trauma Evaluation and Care:病院前救護に携わる医療従事者の標準プログラム)で、今回は、病院内医療従事者や医学生も多く受講しました。インストラクターも東京都以外、埼玉、千葉、神奈川からも多く集まっていただきました。
コースメディカルディレクターは救急医学講座の金子直之先生で、通常の内容に加えて、外傷現場の活動に即した観察(正しい打診や触診)や処置を具体的によりわかりやすく、熱心に指導していただきました。
受講者はもちろん、インストラクターにもとても好評で活気あるセミナーとなりました。金子先生のコースで従来開催されているイブニングセミナーの内容を元に、新宿外傷セミナーを別途開催します。奮ってご参加ください。

■東京外傷セミナー参加者の感想
JPTECは以前にDVDをみていて、是非参加したいと思っていました。プレテストのみの予習で臨みましたが、内容は思った以上にハイレベルで、ハードなコースでした。金子先生は予習なしでも大丈夫。とおっしゃっていましたが、日頃の勉強不足もあってプレテストの勉強がなかったら自分は内容について行けなかったと思います。また消防士の方は皆さん大変勉強熱心で、とても良い刺激をもらえました。
スーパーローテーションで救命救急を回るとき、事故に立ち合ったとき、など役に立つ知識を得られたと思うので、今後も定期的に学び定着していけるよう努力したいと思います。改めて有り難うございました。
一桝倫生
『事故、災害は何時何分どこで起きるかわからないもの。だからこそ、いつ起きてもそのときには一人でも多くの命を正しい方法で助けるための準備が必要。 ただがむしゃらにやるのではなく、正しくやることが大事。』ということを学びました。 このような貴重な機会を与えて頂き、ありがとうございました!
猪原千春
普段、病院の中で救急車の到着を待つ機会が多いと思うので、プレホスピタルでどのようなことを行うかを学べたことは、とてもいい経験になりました。慣れないことも多く、最初は手間取りましたが、全てが新鮮で楽しかったです。この経験を少しでも生かせるよう、さらに深く勉強し直したいと思います。このような素晴らしい 機会に参加させていただき、ありがとうございました。
加納和代
病院で待つことが多い私達にとって、院外の現場で何が起こり、どのように対処しているのかを体験できたことは本当に貴重な経験となった。院内との違いも多々あったが、一人でも多くの命を救いたいという気持ちは院外も院内も共通であることを強く再認識でき、胸が熱くなった。
他の医療従事者がどのように考え行動しているかを知る為には、実際に自分が体験してみることが一番である。医療従事者間のより良い連携を達成する為に、他業種を積極的に体験して互いの理解を深めようとする動きが、今後より活発になっていくことを望む。
上杉泰隆
この度JPTECに学生のうちに参加できたことで、少ない時間でしたのですぐに講習の成果を活かせることは難しいと思いますが、将来良い医師を目指す上で何らかのきっかけになることは間違いないと思いますので参加できて大変良かったです。
田中洋輔
今回JPTECでは、タスクとしてお手伝いさせていただきました。受講生のほとんどが既に現場で働いている医師、看護師や救命士という中、学生という立場でも周りにひけをとらない6年生の先輩方はとても頼もしく感じられました。また、そんな先輩たちでも、最後の試験ではとても戸惑っているのを見て、このJPTECコースの難しさも感じました。
5年 石上雄太
JPTECで学んだ知識、技術をどのような場面で生かすか、先生が実際に経験された症例を見ながら、プレホスピタルの視点に立った解説がありました。
電車を待っていた乗客がふらつき、ホームに転落。電車に下腿を巻き込まれた傷病者で、開放骨折、デグロービング損傷でした。
救急隊は病院到着まで出血のコントロールをどうすべきか?車外救出時に損傷を疑う手がかりはなにか?等々、問いかけながら、救命しえた症例などの紹介もありました。
ターニケットやエスマルヒ駆血帯を用いた止血、そして、車外救出時の車内の観察など、金子先生のコースで学んだ、技術や観察ポイントを、実際の救急医療に生かそうと思います。 今後も金子先生のJPTECコースがより多く開催されることを願います。
東京医科大学八王子医療センター 救命救急センター
救急コーディネーター 千代谷 雅
  【開催概要】
名 称 第84回東京外傷セミナーin東京医科大学(2010年2月14日開催)
第86回東京外傷セミナーin八王子医療センター(2010年3月7日開催)
開催場所 東京医科大学病院、東京医科大学八王子医療センター
参加者 金子直之先生、病院内医療従事者(東京医科大学病院、八王子医療センター)、地域病院や現場の救急隊員、インストラクター、東京医科大学生、他
イベント一覧に戻る





サイトマップお問い合わせサイトポリシー個人情報保護基本方針について
【メールでの診療に関するお問い合わせにはお答えできません。】
Copyright (c) Tokyo Medical University all right reserved.